30代以降で結婚式は恥ずかしい?大人女性4つの結婚式成功の秘訣とは?

色打ち掛け

これから結婚式を挙げる予定があるあなたは、

  • 「30代で結婚式を挙げるとゲストにどう思われるかな?」
  • 「30歳を過ぎてるけど可愛いドレスを着たい!でも少し恥ずかしい…」

などと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、これから結婚式を挙げる30代以上の方へ「結婚式の成功法」をご紹介したいと思います。

「年齢を考慮すると結婚式を挙げたくない…」「結婚式を挙げるのが恥ずかしい…」と思う方も少なくはありませんが、後悔しないためにも、ぜひ希望するスタイルの結婚式を挙げていただきたいと思います。
今回は、そんなお悩みをあなたに結婚式成功法を提案させていただきたいと思います!

後悔する前に!結婚式を挙げた方がいい理由は?

①結婚式を挙げなかった7割強のカップルが後悔している

結婚式を挙げなかった7割強のカップルが後悔している

これから入籍を控えている方や、入籍して間もない方は、「結婚式を挙げたくない」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式予約サイト「ぐるなびウエディング」によると、結婚式を挙げなかった「ナシ婚」のの7割強のカップルが、「結婚式を挙げなかったことを後悔している」といった結果が出ています。

特に、結婚してから年月が経つうちに「結婚式を挙げておけばよかった」と後悔する人が多いようです。

夫婦のどちらか一方に少しでも「結婚式を挙げたいな」という気持ちがあるならば、ぜひ早めに式場見学に行くことをおすすめします。

②「結婚式をやってよかった」と思う人は8割以上!

「結婚式をやってよかった」と思う人は8割以上!

最近では、入籍だけで結婚式を挙げない「ナシ婚」のカップルが増えていますが、夫婦のどちらか一方に少しでも「結婚式を挙げたい」と思う気持ちがあれば、ぜひ検討していただきたいのです。

「ぐるなびウエディング」が、結婚式をするつもりはなかったけど、結婚式を挙げたカップルに「結婚式をしてよかったか」というアンケート調査をしたところ、なんと85%もの人が「YES」と答えています。

結婚してよかったか

引用:ぐるなびウエディング

結婚式を挙げていないカップルは7割以上が後悔している一方で、結婚式を挙げる予定がなかったカップルが実際に結婚式を挙げると8割以上の人が「結婚式をやってよかった」と満足しているのです。

この他にも、結婚式を挙げることによって「親孝行になる」「離婚率が大幅に低くなる」といったメリットもあります。
準備する時間やお金もかかる結婚式ですが、嬉しいこともたくさんあるんですね。

30代以降で結婚式は恥ずかしい?

30代以降で結婚式は恥ずかしい

結論から言うと、30代以降で結婚式を挙げても「恥ずかしい」などと思う必要は決してありません。

なぜならば、最近では晩婚化が進み30代以降に結婚する方がとても多いからです。

結婚男女別平均年齢

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017(首都圏データ)

まず、首都圏の男女別の結婚平均年齢を見てみると、男性が「30.3歳」で女性が「29.1%」となっています。
わずかに男女の差がありますが、どちらとも「30歳くらい」が結婚時の平均年齢のようです。

【男性】平均30.3歳

18~29歳 30歳以上
53.5% 46.4%

【女性】平均29.1歳

18~29歳 30歳以上
63.6% 36.3%

これはあくまでも平均値ですが、30歳を超えてから結婚することは決して珍しいことではなく、30歳以上で結婚した人は男女共に4割程度となっています。

なので「30代を過ぎてから結婚式をするのは恥ずかしい」と思う必要はないのです。

30代後半の女性の結婚式に参列したことがあるのですが、とても大人っぽく落ち着いた式で、「私もこんな結婚式を挙げたいな」と憧れを抱いた経験があります。
20代らしい元気な結婚式も楽しいですが、「落ち着いていて厳かな結婚式が好き」という方も多いので、年齢を気にしているのであれば落ち着いた雰囲気の結婚式を挙げるのもおすすめです!

大人女性4つの結婚式成功の秘訣とは?

①和装が人気

和装が人気

30代以降の女性は「大人の女性らしい式を挙げたい」「日本の伝統的な和装を着たい」と思う人の割合が多く、ウェディングドレスだけではなく和装を楽しむ人が増えています。

そして、20代女性は結婚式で「ウエディングドレス+カラードレス」の2着を着用している人の割合が多いのに比べて、30代以降の女性は「ウエディングドレス+和装」や「和装+和装」など、和装を選ぶ人の割合が年齢を重ねるにつれて増えるのが特徴です。

和装を取り入れている多くの式場では、「和装+和装」だけではなく、「ウエディングドレス+和装」でお色直しすることもできます。
「ウェディングドレスも着たいけど、大人っぽい和装もしたい」という方はウエディングドレスと和装の両方を着用するのがおすすめです!

和装は主に2種類あります。

【色打ち掛け】

色打ち掛け

「色内掛け」とは白以外の婚礼衣装のことで、金色と銀色の刺繍がほどこされて色が華やかなことから和装の中では1番人気があります。

【白無垢】

白無垢

「白無垢」とは日本の伝統的な婚礼衣装の1つで、衣装だけではなく小物まで「白」で統一されたデザインで、清楚で厳かな印象を与えることができます。また、「あなたの色に染まります」といった意味も込められているようです。

和装は、由緒ある伝統的な神社だけではなく、結婚式場に設備されている神殿で行うこともできます。
日本の伝統的な挙式スタイルなので年配のゲストに喜ばれるといったメリットもありますよ。

②演出に注意する

演出に注意する

これはゲストに向けての注意事項になりますが、独身の女性が参加する「ブーケトス」や「ブーケプルズ」を演出として取り入れるのはあまりオススメできません。

(「ブーケトス」や「ブーケプルズ」でブーケを受け取ったゲストは、近いうちに結婚できるという言い伝えがあります)

あなたが30代以降であれば、友人のゲストも同じくらいの年代の方が多いと思いますが、自分の年齢や独身であることを気にしている女性も少なくありません。

  • 「結婚する気がないのに受け取ってしまいプレッシャーだった」
  • 「独身女性が少なくて寂しい思いをした」
  • 「ガツガツしていると思われそうでやりたくない」

などと感じるゲストも少なくはないので、招待客の年齢層を確認してから、これらの演出をするか検討した方がよさそうです。

③プロフィールに年齢を載せない

プロフィールに年齢を載せない

多くの先輩カップルが、披露宴の途中で流す「プロフィールムービー」や、受付で配る「プロフィールパンフレット」を制作していますが、年齢が気になるようであれば無理に記載する必要はありません。

披露宴中も司会者が新郎新婦の年齢を言うことはないと思いますが、心配であれば事前に申し出ておくと安心ですよ。

④少人数でアットホームな結婚式もおすすめ

少人数でアットホームな結婚式もおすすめ
  • 「あまり盛大な結婚式を挙げたくない」
  • 「演出や余興をしない落ち着いた結婚式を挙げたい」

と思っているカップルには少人数ウエディングもおすすめです。

2017年のゼクシイ結婚トレンド調査によると招待者の平均人数は「70.2人」となっていますが、親族だけを招待した「親族婚」や、親族と親しい友人を数人だけ招待した「少人数婚」がここ数年で増加しています。

少人数ウエディングは特別な演出をしなくても、ゆっくりと写真撮影をしたり、ゲスト1人1人と話せる時間を設けられるので、アットホームな結婚式を挙げられるといったメリットがあります。

最近では余興ナシの結婚式も増えているので、ゲストの負担が心配であれば余興をなくしてしまっても大丈夫です!

2017年のゼクシイ結婚トレンド調査によると、「招待客の余興があった」と答えたカップルは、わずか「38.6%」しかいませんでした。
私たちの結婚式でも友人による余興はなかったのですが、「寂しい」とか「時間が余った」と感じることはなく、写真撮影に時間をかけられたので「むしろ余興がなくてよかったかも」と思ったくらいです。

【結論】30代以降の結婚式も素敵

30代以降の結婚式も素敵
  • 「30歳を過ぎてからのウェディングドレスは恥ずかしい」
  • 「結婚式を挙げないことも考えている…」

というカップルにお伝えしたいのは、「結婚式は何歳で挙げても素敵」ということです。

私が30代後半の方の結婚式で感動したように、きっとウェディングドレスや和装をしているあなたを素敵と思ってくれるゲストはたくさんいらっしゃいます。

また、「あの時、結婚式を挙げておけばよかった…」と後悔しないためにも、ぜひ式場見学やブライダルフェアに参加してみることをおすすめします。

このサイトをご覧になっているあなたが、素敵な結婚式を挙げられるように心から願っております。

式場選び・結婚式についての相談は「ハナユメ」

式場選び・結婚式についての相談は「ハナユメ」
自分たちの希望や理想を叶えてくれる式場を探すのはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!式場は自分で探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/