【解説】結婚式の平均招待人数・比率&参列者(ゲスト)の内訳は?

「招待状・席札・席次表・メニュー表」は必要?ペーパーアイテム節約法!
こんにちは。このサイトの管理人をしているユウと申します。
今回は結婚式のゲストについてです。

結婚式を挙げると決めたときに、

  • 「結婚式に何人くらい招待するか」
  • 「誰を招待するか」

などゲストの内訳や人数に悩んでしまうカップルも多いのではないでしょうか。

この記事では、これから結婚式の準備を始めるカップルに「平均招待人数・比率・ゲストの内訳」をご紹介したいと思います。

結婚式(披露宴)の平均招待人数は?

それでは早速、先輩カップルの「披露宴の平均招待人数」から見てみましょう。

披露宴の平均招待人数

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、ゲストの平均人数は「70.2人」で、中でも「80人~90人」のゲストを招待した結婚式を挙げたカップルが多いという結果でした。

しかし、全体的に大きな差はなく、30人未満の少人数ウエディングのカップルもいれば、100人以上のゲストを招待したカップルもいらっしゃいます。

新郎と新婦のゲストの比率は?

それでは、次に「新郎と新婦のゲストの比率」を見ていきます。

新郎と新婦のゲストの比率は

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

「お互いのゲストの人数を同じくらいにしよう」というカップルが多いのか、約4割が「新郎と新婦のゲストの比率が同程度」という結果になりました。

次いで、「新郎の方が多い」という結果になっています。

私たちの結婚式の時は、私が結婚を機に仕事を退職することになっていたため、新婦側の仕事関係の人は招待しませんでした。
そのため、夫の方のゲストの方が人数が多くなりました。

私のように、結婚を機に仕事を辞める人も少なくないため、結婚式のゲストの割合もこのような比率になっているようです。

ちなみにプランナーさんによると、最近では仕事関係の人は招待せずに、親族と親しい友人だけを招待したアットホームな結婚式が増えているそうですよ。

ゲスト(参列者)の内訳は?

それでは次に、「ゲストの内訳と平均人数」を見てみましょう。

ゲストの内訳と平均人数

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

1番多いのは「学生時代の恩師・友人」で、次に多いのは「親族」でした。

学生時代の恩師や友人はグループ単位で招待する人も多いため、人数が多くなりやすいようです。

親族の平均人数は地域差が大きく、首都圏は「22人」でしたが、青森・岩手・秋田では「34.9人」と地域によって招待人数が大きく異っています。

ゲストが少ない結婚式は寂しい?

ゲストが少ない結婚式は寂しくなる?

これまで、招待者の平均人数などをご紹介してきましたが、これはあくまでも「平均」であって「人数が少ないから寂しい式になる」ということは絶対にありません。

なぜならば、親族や親しい友人だけを招いての結婚式の方が「アットホームな式」になるからです。

私は100人以上のゲストがいる結婚式に参列したことがあるのですが、式の途中で雑談をしていたり、司会者や新郎新婦の話を聞いていないゲストもいて、少し悲しくなった経験があります。

なので、ゲストの人数は「何人くらい招待したいか」ではなくて、「招待したいゲストは誰か」という考えで、招待者を決めるといいと思います。

ゲストの人数の相談・式場探しは「ハナユメ」

ゲストの人数の相談・式場探しは「ハナユメ」
結婚式についてわからないことがあれば、プロに相談するのが1番です。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメは希望する条件から式場を検索ができて、ブライダルフェアや式場見学の予約ができる人気急上昇中の結婚式予約サイトです。

さらにウエディングデスク(店舗)を設けているため、気軽に結婚式についての相談や、式場の紹介(提案)をしてもらうことができます。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)は、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、式場の提案だけではなくて、結婚式についての相談にも乗ってくれます。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!式場は自分で探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/