かつて日本では、「いかに豪華に結婚式を挙げるか」を競うような時代がありましたが、最近では「アットホームでゲスト(参列者)に楽しんでもらえる式を挙げたい」と思っているカップル・ご夫婦が増えています。

そして、

  • 「結婚式に費用をかけたくないから少人数で済ませたい」
  • 「目立つことが苦手だから身内だけの結婚式を挙げたい」
  • 「余興や映像は流さず会食のようなスタイルにしたい」

と考えているカップルには、「家族婚」や「親族婚」がおすすめなんです。

そこで、この記事では「家族婚・親族婚の費用(平均相場)とメリット・デメリット」をご紹介したいと思います。

家族婚・親族婚って何?

家族婚・親族婚って何

「家族婚」とは家族だけで行う結婚式のことで、ほとんどのカップルが新郎新婦を含めた10人未満で挙げています。

親族婚」とは、家族と親族(祖父母・叔父・叔母・従兄弟など)を招待する結婚式で、10人~20人以下のゲストを招待するカップルが多いです。

最近では親族だけではなく、親友など親しい友人を交えた、ゲストが「20人~30人以下」の少人数ウエディングを選ぶカップルも増えています。

結婚式情報サイト「マイナビウエディング」よると、なんと「30人以下」の少人数ウエディングを実施したカップルは、全体の「34.7%」もいることがわかりました。

招待したゲストは何名ですか?

引用:マイナビウエディング

結婚式は招待人数が少なければ少ないほど準備が楽になるので、「結婚式の実施に意欲的ではない」というカップルにおすすめですよ。
私たち夫婦は、妊娠中に50名を招待したマタニティウエディングを挙げましたが、準備期間が約3ヵ月だったので準備が大変でした…。
少人数ウエディングは、「授かり婚」や「お急ぎ婚」のカップルにもおすすめです♪

家族婚・親族婚の費用(平均相場)は?

家族婚・親族婚の費用(平均相場)は

結婚式を挙げるときに1番気になるのが、やはり費用についてですよね。

マイナビウエディング(家族・親族のみでの少人数結婚式)」の調査結果を基に表を作成してみました。

挙式、披露宴・披露パーティの平均総額である「350万円」という値段に比べて、少人数ウエディングは、かなり費用が抑えられているのがわかりますね。

【少人数ウエディング平均相場】

10名前後 20名前後 30名前後
70万円程度 100万円~120万円程度 150万円~200万円程度

さらに、親族だとご祝儀が一般の参列者よりも多い傾向にあるので、親族婚だと自己負担額が少ないのも特徴です。

結婚式を挙げることによって「親族への挨拶が結婚式の1度で済む」というのと、「結婚した実感を感じることができる」というメリットがあり、結婚式を挙げていない「ナシ婚」のカップルよりも圧倒的に「離婚率が低い」という統計も出ています。

結婚式の費用が気になっているカップルは、少人数でもいいので結婚式を挙げることをおすすめします。

【経験者談】家族婚・親族婚の4つのメリット

実際に少人数ウエディングを挙げた方に「家族婚・親族婚」のメリットを聞いてまとめてみました。

①招待者の人数が少なければ少ないほど準備が楽

招待者の人数が少なければ少ないほど準備が楽

実際に50人規模の結婚式を挙げた私たちの経験からすると、「もっと招待者が少なければ準備が楽だっただろうな」と思います。

例えば…

  • 招待状の宛名書き
  • 招待状の発送
  • メニュー表の作成
  • 料理・引き出物・プチギフト決め
  • 席次決めなど

これらの項目は招待人数が少なければ少ないほど準備が楽になります。

また、会社の人や友人を招待する場合、気を使ったり配慮しなければならないこともありますが、親族や親しい人だけであれば、特別な演出をしなくても素敵な1日になるはずです。

さらに、会食や写真撮影だけの披露宴をする場合は、余興やプロフィールムービーの準備がいらないのもメリットです。

②アットホームな結婚式を挙げられる

アットホームな結婚式を挙げられる

結婚式は新郎と新婦が主役になりますが、

「人前に出るのが苦手」「あまり目立ちたくない」「すぐ緊張してしまう」

というカップルも多いのではないでしょうか。

身内や親しい人だけで行う少人数の結婚式は、和やかな雰囲気で結婚式を挙げられるというメリットがあります。

特別な演出をしなくても、写真を撮影したり、楽しく食事をするだけで素敵な1日になるはずです。

③日程調整がしやすい

日程調整がしやすい

まず、結婚式の日どりを決めるときに、招待者の予定を確認する必要があります。

ほとんどの方がすぐに返事をくれたのですが、なかなか返信が来ない人もいて意外と大変でした…。(妊娠をして急いで結婚式を挙げることになったので)

招待者の人数が多いと、どうしても都合が合わない人が出てきて日程の調整が大変になりますが、少人数だとスケジュールを確認する人数が減り、結婚式の日取りが決めやすくなります。

また、結婚式の費用が安く済む平日や、夕方や夜の時間帯を選びやすいといったメリットもあります。

④1人1人に合ったおもてなしができる

1人1人に合ったおもてなしができる

私たち夫婦は50人規模の結婚式を挙げましたが、「人数が少なければもっと色々できたのにな…」と後悔することもあります。

例えば、引き出物。

本来であれば、それぞれの好きなもの(お菓子・ベビーグッズ・ブランド物など)を選びたかったのですが、時間も限られていたので「親族や会社の人にはバスタオル」「友人には人気ブランドのタオル」など大まかな選び方しかできませんでした。

あとは、席次カードの裏に1人1人それぞれにメッセージを書きたかったのですが、準備に追われていたので友人にしか書けなかったという後悔もあります。

少人数ウエディングは、1人1人に合ったおもてなしができるところが魅力的です。

【経験者談】家族婚・親族婚のデメリット

少人数ウエディングに対応してもらえない式場もある

最近では、「少人数ウエディング大歓迎」と掲げている式場も増えてきましたが、ゲストの人数が少ないと採算が合わず断られる式場もあります。

「ブライダルフェアに行ったら家族婚を断られた」ということがないように、式場見学に行く前に最低人数を確認しておきましょう。

マイナビウエディングでは、各式場ごとの「ウエディングデータ」から人数が確認できますよ。
少人数ウエディングに対応してもらえない式場もある
「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/

家族婚・親族婚におすすめな「ハナユメ」

家族婚・親族婚におすすめな「ハナユメ」
少人数ウエディングに対応してくれる式場と、自分たちの希望を叶えてくれる式場を探すのはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、授かり婚・パパママ婚のカップルも安心して相談することができますよ。
「ハナユメ」少人数ウエディング特集:https://hana-yume.net/smallparty/
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!割引プランが充実の「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!割引プランが充実の「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「マイナビ限定割引」や「期間眼底割引」などの割引プランが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/