【受付・お車代・乾杯の挨拶】ゲストへのお礼(お金)の相場を解説!

【受付・お車代・乾杯の挨拶】ゲストへのお礼(お金)の相場を解説!

突然ですが、

  • 「式をお手伝いしてくれたゲストへのお礼(お金)の相場がわからない」
  • 「遠方から来てくれるゲストへのお車代の相場がわからない」

と、悩んではいませんか?

受付や乾杯の挨拶をしてくれるゲストや、遠方から来たゲストには、謝礼としてお金を渡すのがマナーとされています。
しかし、「相場がわからない」「いくら渡したらいいのかわからない」とお悩みの方も多いようです。

この記事ではゲストに渡すお礼(金額)について徹底解説したいと思います。

ゲストへのお礼にはどんな項目がある?

ゲストへのお心付けにはどんな項目がある
  • 受付をしてくれる人
  • 主賓・乾杯の挨拶をしてくれる人
  • 遠方から来てくれるゲスト
  • 仲人
  • 司会
  • カメラマン
  • スピーチ・余興・ブライズメイドをしてくれる人
  • ウェルカムボードなど式に使う小物を作ってくれた人

【基本的なマナー】

  • ゲストへのお礼は新札を渡す
  • 表書きは「毛筆」か「筆ペン」で書く
  • 1万円以上は「祝儀袋」、1万円以下は「ポチ袋」で渡す
基本的に「式をお手伝いしてくれたゲスト」や「遠方から来るゲスト」にはお金を渡すのがマナーとされています。
金額や相場は、地域や家ごとに異なる場合があるので、参考程度に見ていただけると嬉しいです。
それではゲストへのお礼について徹底解説していきたいと思います。

ゲストへのお礼(お金)の相場を解説!

受付をしてくれる人(友人)

受付をしてくれる人(友人)

【相場】3,000円~5,000円

【袋】寿用のポチ袋

当日、ゲストからのご祝儀を預かるだけではなく、「両家の顔」として大切な役目です。

受付の人へのお礼は3,000円~5,000円が相場で、お金ではなくギフト券などを渡してもいいでしょう。

結婚式の規模にもよりますが、両家から1~2名ずつ受付を依頼するのが一般的です。

受付をお願いするゲストには招待状を送る前に依頼して、引き受けてくれれば招待状と共に「当日は受付をお願い致します」といったメッセージカードを添えて送ります。(カードは式場が用意してくれる場合が多いです)

受付の方へのお礼は両家の親から渡してもらうのが一般的ですが、引き出物や記念品と一緒に紙袋に入れる人もいます。

私たちの結婚式の時は受付をお願いした方にそれぞれ好きなもののギフト券を渡しました。
(映画好きな方には映画ギフト券・スタバが好きな子にはスタバギフト券など)

また、ゲストへのお車代やお礼は受付の人から渡してもらうこともあるので、受付の人が誰に渡せばいいのかわかるようにリストを作成しておきましょう。(両家の親から渡す場合もある)

主賓・乾杯の挨拶をしてくれる人

主賓・乾杯の挨拶をしてくれる人

【相場】10,000円以上

【袋】紅白結び切りの祝儀袋

主賓や披露宴で乾杯の挨拶をしてくれる人にもお礼を渡します。

両家から1人ずつお願いするのが一般的で、お車代として現金を包むか往復の交通費を出すために最低1万円を渡すのがマナーです。

主賓や乾杯の挨拶をしてくれるのが会社の上司の場合は、会社の人に相場を確認するといいでしょう。

遠方から来てくれるゲスト

遠方から来てくれるゲスト

【相場】半額~全額

【袋】寿用のポチ袋・紅白結び切りの祝儀袋

遠方から来てくれるゲストには「お車代」としてお金を渡すのがマナーです。

お車代は一般的に「全額」を渡すのが礼儀とされていていますが、予算的に難しい場合は、最低でも「半額程度」のお車代を渡しましょう。

「遠方のゲスト」の基準は家庭にもよりますが、

  • 飛行機や新幹線を利用するか
  • 高速道路を利用するか
  • 交通費が往復5,000円以上かかるか
  • 宿泊するか

などを基準にするといいですね。

仲人

仲人

【相場】10万~30万円

【袋】紅白結び切りの祝儀袋

仲人とは、婚約から結婚までを取り仕切る人のことです。両家との間を取り持つ立場にある重要な役割です。

最近では仲人を立てるカップルも少なくなりましたが、仲人をお願いする場合は「10万~30万円」の謝礼を渡すのが一般的です。

謝礼とは別にお車代も渡しましょう。

司会(友人)

司会(友人)

【相場】10,000円~30,000円

【袋】紅白結び切りの祝儀袋

司会を友人に依頼する場合は、1万~3万円のお礼を渡すのが一般的です。

司会者は披露宴の取り仕切る重要な役目で食事をゆっくりとる余裕がないので、金額が高くなっています。

プロに依頼すると5万ほどかかるので、友人に依頼したほうが安くなります。

また、お礼を渡すと共にご祝儀をもらわないようにする人もいます。

カメラマン(友人)

カメラマン(友人)

【相場】10,000円~30,000円

【袋】紅白結び切りの祝儀袋

カメラマンも司会者同様、ゆっくり食事をする時間がないので相場が高く設定されています。

また、お礼を渡すと共にご祝儀をもらわないようにする人もいます。

スピーチ・余興・ブライズメイドをしてくれる人

スピーチ・余興・ブライズメイドをしてくれる人

【相場】3,000円~5,000円

【袋】寿用のポチ袋

親しい人に依頼するのが一般的なので、気を使わせない程度の金額の物か現金を渡します。

子どもには、図書券やおもちゃにすると喜ばれるでしょう。

ウェルカムボードなど結婚式に使う物を作ってくれた人

ウェルカムボードなど結婚式に使う物を作ってくれた人

【相場】品物の相場に合った金額

【袋】寿用のポチ袋・紅白結び切りの祝儀袋

結婚式に使用する物を作ってくれた人にもお礼を渡します。

金額は制作費と時間を考慮した金額の物か現金を渡します。

ゲストへのお礼(お金)の相場まとめ

内容 相場
受付 3,000円~5,000円
主賓・乾杯の挨拶をしてくれる人 10,000円以上
遠方から来てくれるゲスト 半額~全額
仲人 10万~30万円
司会(友人) 10,000円~30,000円
カメラマン(友人) 10,000円~30,000円
スピーチ・余興・ブライズメイドをしてくれる人 3,000円~5,000円
ウェルカムボードなど結婚式に使う物を作ってくれた人 品物の相場に合った金額
以上の項目がゲストへのお礼の金額の相場になります。
「できればお金を節約したい…」と思う気持ちはわかりますが、少なくとも相場の最低金額は渡すようにしましょう。
このサイトをご覧になっているあなたが、素敵な結婚式を挙げられるように心から願っております。

式場選び・結婚式についての相談は「ハナユメ」

式場選び・結婚式についての相談は「ハナユメ」
自分たちの希望や理想を叶えてくれる式場を探すのはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、ギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングは、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、商品券がもらえるキャンペーンが実施中です。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)