友人(招待客)の余興がなくても寂しくない!余興なしの3つのメリット

司会

結婚式の演出を考えたときに「友人による余興」が思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、

  • 「招待するゲストの人数が少ない」
  • 「余興を引き受けてくれそうな友人がいない」

といった理由で、余興について悩んでしまうカップルも少なくありません。

でも大丈夫です!結婚式は余興がなくても、新郎新婦もゲストも十分楽しむことができますよ。

この記事では、余興がなくて寂しい式にならないか心配しているあなたに「余興なしのメリット」をご紹介したいと思います。

余興がなくても寂しい式にならない2つの理由

①友人の余興がない結婚式は多いから

友人の余興がない結婚式は多いから

結婚式といえば、友人による余興を思い浮かべる人も多いかと思いますが、最近では「余興あり」の結婚式が減少傾向にあります。

招待客による余興はありましたか?

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると、2017年に結婚式を挙げたカップルの中で「招待客による余興があった」と回答した人は、なんとわずか「38.6%」しかおらず、半分にも満たないことがわかりました。

さらに、統計を取り始めた2015年からその数は減少し続けています。

「結婚式はゲストによる余興がある」というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、最近では「余興なし」の結婚式を挙げるカップルが多いようです。

②意外と時間がないから

意外と時間がないから

結婚式の余興について悩んでいる人の中には、

  • 「余興がないと時間が余ってしまうのでは?」
  • 「ゲストが退屈してしまわないか心配」

などと、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫です。余興がなかったからといって「時間が余る」ことも、「ゲストが退屈に思う」こともありません。

私たちの結婚式もゲストによる余興はなかったのですが、他の演出もあったので「時間が足りない!」と感じたくらいでした。
余興がない結婚式にゲストとして参列したこともありますが、「余興がなくて退屈」と感じたこともありません。
むしろ、私は人前に出るのが苦手なので「余興を頼まれなくてなくてよかった…」と思うくらいです。(笑)

余興がないことによる3つのメリット

それでは次に、「余興なしのメリット」をご紹介したいと思います。

①ゲストの負担がない

ゲストの負担がない

本番で余興を成功させるためには、事前に構成を考えたり練習する必要があるので、余興を頼まれたゲストは負担に感じる場合があります。

あとは、「当日は余興があることに緊張してしまい式に集中できなかった」という声も多く聞かれるので、余興が苦手な人もいるということを理解しておきましょう。

私も人前に出るのが大の苦手なので、もし余興を頼まれたら終わるまで緊張していると思います(笑)

②ゲストとの時間が作れる

テーブルを回る時間ができる

「新郎や新婦と一緒に写真を撮りたい」というゲストは多いのですが、余興などの演出が多いとゲストと写真が撮る時間がなかったり、ゆっくり話をすることができない場合があります。

しかし、余興がなければその分ゲストと接する時間を設けたり、ゆっくりと写真撮影をすることができます。

私たちの結婚式も余興がなかったので、ゲストとゆっくり話したり写真を撮ることができました。
ゲストにも喜んでいただけたようですが、たくさん写真を撮ることができたので私たちの思い出作りにもなりました。アルバムには友人との写真がたくさん載っているので嬉しいです。

③他の演出に時間をかけられる

他の演出に時間をかけられる

披露宴の時間は決まっているので、できる演出の数も限られてきます。(式は延長できますが延長料金が発生します)

なので、余興がない分、他の演出に時間をかけることができます。

【披露宴で人気がある演出】

  • ファーストバイト(ケーキを食べさせ合う演出)
  • プロフィールムービーなどの映像を流す
  • テーブルを回って写真撮影をする
  • キャンドルサービスをしながらテーブルを回る
  • 夫婦がデザートを取り分ける(配る)
  • 新婦のドレス当てクイズをする

他にも、最近ではビールサーバーを担いでゲストにお酌をしたり、ゲストと一緒にカクテルを作るという個性的な演出ができる式場も増えています。

余興がないと、ゲストと一緒に楽しめる時間が増えるのがメリットですね。

【結論】余興がなくても大丈夫

【結論】余興がなくても大丈夫

私たち夫婦の結婚式の時も「余興がなくて大丈夫かな…?」「寂しい式にならないかな…?」と心配していました。

しかし、いざ終えてみると、本当にあっというまに式が終わってしまいました。
そして、ゲストとたくさん話をしたり写真を撮ることができて「アットホームな式」ができたと思います。

それでも、「ゲストを退屈にさせてしまわないか不安」という人は、演出を多めにすると大丈夫ですよ。

ちなみに私たち夫婦が披露宴で行った演出がこちら。

  • ファーストバイト(ケーキ入刀)
  • 各テーブルを回って写真撮影
  • 両親への手紙を読む(新郎・新婦)
  • プロフィールムービー
  • エンドロールムービー
演出はこれだけでしたが、時間がギリギリで終了しました。
エンドロールではゲスト1人1人へのメッセージを流したのですが、とても喜んでいただけました。

演出は式場ごとにできることが決まっているので、式場見学の際には、ぜひ「演出」もチェックしてみてくださいね。

演出の相談・式場探しは「ハナユメ」

演出の相談・式場探しは「ハナユメ」
自分たちの希望や理想を叶えてくれる式場を探すのはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)

さらに、ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

そして演出についても熟知しているので、個性的な演出ができる式場も紹介してくれますよ。

ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!プランが充実している「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!プランが充実している「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/