再婚カップル応援!新郎新婦の初婚・再婚、状況別結婚式スタイルとは?

再婚カップル応援!新郎新婦の初婚・再婚、状況別結婚式スタイルとは?

これから結婚を控えているカップルや入籍したばかりカップルの中には、以前にも結婚式を挙げた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2度目の結婚式に抵抗があるかもしれませんが、最近では「再婚と初婚」あるいは「再婚同士」で結婚式を挙げることは珍しくありません。

この記事では、

  • 「結婚式を挙げるか悩んでいる」
  • 「どういう結婚式のスタイルにするか悩んでいる」

というあなたに「初婚」「再婚」など状況別の結婚式スタイルをご紹介したいと思います!

再婚者の結婚式実施率は「38.9%」

再婚者の結婚式実施率は「38.9%」

それではまず、再婚をしたカップルの「結婚式実施率」を見て行きましょう♪

「結婚総合意識調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」によると、「新郎・新婦のいずれか」または「両方再婚者」の結婚式実施率は「38.9%」と、約4割のカップルが結婚式を挙げているといった結果が出ています。

再婚のカップルが結婚式を挙げるのも珍しくない時代なんですよね。

なので、「再婚なので結婚式を挙げるか迷っている」というカップルはあまり深く考えずに、夫婦のどちらか一方が少しでも「結婚式を挙げたい」と思っているなら、ぜひ結婚式を挙げていただきたいのです。

結婚式が二度目の場合のご祝儀は?

結婚式が二度目の場合のご祝儀は?

1度目の結婚式でご祝儀をいただいているゲストの場合は、ご祝儀を辞退したり、ご祝儀の変わりに会費制にして一律の料金をゲストからいただくという方法もあります。

会費制の結婚式は「1.5次会」とも呼ばれていて、相場は1万円~2万円とゲストの負担が少なく、一般的な結婚式よりもカジュアルでアットホームといったメリットも。

もし会費を頂くもの気が引ける場合は、お金を頂くのを辞退したり、親族以外は招待しないといった選択肢もあります。

新郎新婦「初婚・再婚」状況別の結婚式スタイル

「新婦が初婚」「新郎が再婚」の場合は?

「新婦が初婚」「新郎が再婚」の場合

【おすすめな結婚式スタイル】

  • 親族・仕事関係・友人を招待した一般的な結婚式
  • 少人数ウエディング
  • 国内リゾート・海外ウェディング

女性側が「初婚」で男性側が「再婚」のカップルは、女性側の希望を尊重してあげるといいでしょう。

1度結婚式を経験している男性は、二度目の結婚式に少し抵抗があるかもしれませんが、女性からすると一生に一度のイベントだからです。

また、新婦の両親が「ウェディング姿を見たい」「ぜひ結婚式を挙げて欲しい」と思っている方も多いので、女性側が結婚式を希望しているならば、ぜひ初婚同士のカップルと変わらないような結婚式を挙げるのがおすすめです。

他にも、親族や親しい友人だけを招いた「親族婚・少人数婚」や、家族だけを招待して「国内リゾート・海外挙式」もおすすめですよ。

国内リゾート・海外挙式

形はどうあれ「新婦が初婚」「新郎が再婚」のカップルの場合は、「新婦が納得した結婚式を挙げること」が成功のカギとなります。

ゲストの比率も、新婦側の方が多くなる場合が多いようです。

「新婦が再婚」「新郎が初婚」の場合は?

「新婦が再婚」「新郎が初婚」の場合

【おすすめな結婚式スタイル】

  • 親族・仕事関係・友人を招待した一般的な結婚式
  • 少人数ウエディング
  • 国内リゾート・海外ウェディング

「新婦が再婚」「新郎が初婚」の場合は、女性側が1度目の結婚式よりも豪華な式を挙げるか、カジュアルな式を挙げるかに分かれるようです。

新婦側の意見も大事ですが、初婚である新郎と親族側の意見を尊重するといいでしょう。

また、1度目の結婚式ではできなかったことをしたり(前回ウェディングドレスを着用した場合は和装をするなど)、結婚式を楽しんでいる新婦さんもたくさんいらっしゃいます。

「再婚同士」の場合は?

「再婚同士」の場合

【おすすめな結婚式スタイル】

  • 少人数ウエディング
  • 国内リゾート・海外ウェディング

お2人が再婚同士の場合は、初婚よりも小規模でアットホームな結婚式を挙げるカップルが大多数です。ほとんどのカップルが、家族や親族だけ(+親友)を招待した「食事会のようなスタイル」で結婚式を挙げています。

結婚式を挙げることも、「自分たちの為に結婚式を挙げる」というよりも、「家族にお披露目する」「パートナーの親族に挨拶をする」「家族に感謝を伝える」といった意味合いの方が強いようです。

初婚の結婚式とは違ったスタイルを希望する新郎新婦も多く、親孝行の為に「国内リゾート」や「海外挙式」を選ぶカップルも多いです。

「国内リゾート」や「海外挙式」はそのまま滞在することで新婚旅行も一緒に行けるのでオススメですよ。

お子さんがいらっしゃる場合は、お披露目や挨拶が1度で済むので、ぜひ結婚式を挙げることをおすめします。

【まとめ】再婚のカップルにおすすめな結婚式スタイル

【まとめ】再婚のカップルにおすすめな結婚式スタイル

【おすすめな結婚式スタイル】

  • 親族・仕事関係・友人を招待した一般的な結婚式
  • 少人数ウエディング
  • 国内リゾート・海外ウェディング

「新郎と新婦のどちらか一方が初婚」である場合は、一般的な結婚式を挙げても、小規模のアットホームな結婚式を挙げてもどちらでも大丈夫ですが、

結婚式が2度目のゲストにとってはご祝儀が負担となる場合があるので、基本的に「ご祝儀を辞退する」か、「2度目は招待せず報告だけをする」といった方法がいいかもしれません。

しかし、「再婚だから…」と結婚式を諦める必要はなく、ぜひ後悔しないためにも理想の結婚式を挙げてくださいね。

このサイトをご覧になっているあなたが、素敵な結婚式を挙げられるように心から願っております。

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」

式場の種類がたくさんありすぎて、どの式場を見学したらいいか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、ギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングは、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、商品券がもらえるキャンペーンが実施中です。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)