再婚カップル応援!挙式・披露宴の規模&ゲスト・ご祝儀を徹底解説!

再婚カップル応援!挙式・披露宴の規模&ご祝儀・招待客を徹底解説!

最近では「初婚と再婚」または「再婚同士」で結婚式を挙げることは珍しいことではなく、再婚の場合でも挙式や披露を行うのが一般的になってきました。

この記事では、再婚の場合の「挙式・披露宴の規模」「招待客について」「ご祝儀について」などを徹底解説していきたいと思います!

最近では「初婚+再婚」や「再婚同士」の夫婦の約4割が結婚式を挙げています。
この記事をご覧頂いて、少しでも結婚式についての不安がなくなると幸いです。それではどうぞ!

再婚カップルの挙式・披露宴の規模は?

再婚カップルの挙式・披露宴の規模は?

結婚式を挙げると決めたとき、まず悩むのが「どれくらいの規模の結婚式を挙げるか」ということではないでしょうか。

初婚同士のカップルでも悩んでしまう招待客の人数ですが、結婚式を経験している人は「1度目の式でご祝儀を頂いているから、再び来てもらうのは申し訳ない…」などと、さらに悩んでしまう方もたくさんいらっしゃいます。

それでは、まず「再婚カップルの結婚式の規模」をご紹介します。

【初婚+再婚の結婚式規模の例】

  • 一般の結婚式と変わらない規模の結婚式
  • 家族や親族を招待した少人数の結婚式
  • 親族+親しい友人だけを招いた結婚式

新郎新婦のどちらかが初婚の場合は、「初婚同士の結婚式と変わらない規模の結婚式」や、「親族や親しい友人だけを招待した小規模の結婚式」を挙げたりと様々です。

結婚式の規模はカップルや両家の考えによって違いますが、再婚者よりも初婚者のゲストの比率が高くなるのが特徴で、「1度目の結婚式に招待した再婚者側のゲストは呼ばない」という人が多いようです。

【再婚同士の結婚式規模の例】

  • 家族や親族を招待した少人数の結婚式
  • 親族+親しい友人だけを招いた結婚式
  • 家族だけで国内リゾートや海外挙式

新郎新婦が再婚同士の場合は、「初婚のカップル」や「初婚+再婚のカップル」よりも、少ない人数で結婚式を挙げるといったパターンが多いようです。

また、再婚同士の夫婦は「ホテル」や「専門式場」ではなく、「レストランウェディングで会食をする」というスタイルを選ぶ人が多いのも特徴です。

レストランウエディング

結婚式を挙げることに対しても「自分たちの為に結婚式を挙げる」というよりも、「家族にお披露目する」「パートナーの親族に挨拶をする」「家族に感謝を伝える」といった意味合いの方が強いようです。

また、身内だけで結婚式を挙げる人の中には、「国内リゾート」や「海外挙式」を挙げるカップルもたくさんいらっしゃいます。

国内リゾートや海外挙式

国内や海外の「リゾート婚」は、1度目の結婚式とは違った雰囲気の挙式・披露宴ができるだけではなく、家族を招待することによって「親孝行」ができたり、新婚旅行も一緒にできるといったメリットがあるのでオススメです!

再婚者側の結婚式のゲストの選び方は?

再婚の結婚式のゲストの選び方は

1度結婚式に出席したことがあるゲストの中には、「またご祝儀を払うのか…」などと、結婚式に招待されたことを負担に感じてしまう人もいらっしゃいます。

なので、再婚者側のゲスト選びは慎重に行いましょう。

【家族・親族】

家族・親族

兄弟や親族は友人や同僚に比べてご祝儀の相場が高く、遠方に住んでいることも珍しくはないため、招待するかは親と相談して決めると安心です。

万が一、結婚式への出席を断られたとしても、今後の関係の為に嫌な顔はせず、後日結婚報告のハガキや連絡を入れるようにしましょう。

結婚式に出席しない代わりにお祝いを頂いたら、お返しは少し高めの物を送るといいですね。

【友人】

友人

再婚する方は「20代後半~40代」の方が多いのですが、この年代になると友人も結婚をして家庭を築いていたり、子どもがいらっしゃる家庭も多いかと思います。

家を建てたり、子育てにお金がかかる時期なので、「ご祝儀が負担」と思う人も少なくはありません。

なので、2回目の結婚式に呼ぶのは「親友」など、関係が近い友人だけにしましょう。親しい間柄でも、「2度目の結婚式のご招待で申し訳ないのですが、ぜひ出席していただけると嬉しいです」などの一言を添えることも忘れずに。

もし、出席を断られたとしても落ち込まず「友人にも家庭がある」と受け入れることが重要です。そして結婚報告のハガキを送るのがマナーです。

【会社の人やビジネス関係の人】

会社の人やビジネス関係の人

1度結婚式に出席している再婚者側の上司や同僚は、やはり2度目の結婚式の出席に抵抗を感じる人もいらっしゃいます。

なので、どうしても出席してもらいたい場合や、新郎新婦の共通の知り合いでなければ、「2度目なので身内だけで結婚式を挙げます」と報告するのがいいでしょう。

「初婚+再婚」の場合は、どうしても初婚の方のゲストの割合が多くなると思いますが、新郎新婦のゲストの比率を合わせる必要はありません。
私も新婦側のゲストが新郎の2倍だった結婚式に参列したことがありますが、特に不自然に思ったことはありませんでした。

再婚の場合のご祝儀は?

再婚の場合のご祝儀は?

1度目の結婚式でご祝儀をいただいているゲストへの対処法は、

  • 祝儀を辞退する
  • ご祝儀の変わりに「会費制」にして一律の料金にする
  • 結婚式に招待しない
  • 引き出物を豪華にする

などの方法があります。

すでに初婚の時にご祝儀を頂いている場合は、「ご祝儀を辞退する」「結婚式に招待せず報告だけする」という人が多いです。

会費制の結婚式は「1.5次会」とも呼ばれていて、相場は1万円~2万円とゲストの負担が少なく、一般的な結婚式よりもカジュアルでアットホームといったメリットも。

また、ご祝儀を普通に受け取って「引き出物やお返しを豪華にする」といった方法もあります。

引き出物・お返し

ご祝儀を辞退した場合は、新郎新婦が負担することになるので、予算を多めに設定しておきましょう。

また、「ご祝儀を辞退させていただきます」と伝えても、

  • 「本当に手ぶらで行っていいのかな?」
  • 「受付の時にご祝儀袋がないと不自然かな?」

などと、不安に思うゲストもいらっしゃるので、

  • 招待状を送るときに「ご祝儀を辞退させていただきます」と明記する
  • 受付する際には、お金が入っていないご祝儀袋を出してもらう

など、当日の対応までハッキリと伝えるとゲストに安心して来てもらえます。

【まとめ】再婚の結婚式の成功のポイント

再婚の結婚式の成功のポイント

【挙式・披露宴の規模】

  • どちらか一方が初婚の場合は小規模~大規模の式まで様々
  • 再婚同士の場合は身内や親しい友人だけで
  • 国内リゾートや海外挙式がおすすめ

【ゲストについて】

  • 親族を招待するか両親に相談する
  • 親しい人や関係が深い人を招待する
  • 参列を断られても悪く思わない

【ご祝儀について】

  • 祝儀を辞退する
  • ご祝儀の変わりに「会費制」にして一律の料金にする
  • 結婚式に招待しない
  • 引き出物を豪華にする
再婚の結婚式は、ゲストの負担にならないような配慮と、親しい人だけを招待するのが成功の秘訣です。
このサイトをご覧になっているあなたが、素敵な結婚式を挙げられるように心から願っております。

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」
式場の種類がたくさんありすぎて、どの式場を見学したらいいか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメは希望する条件から式場を検索ができて、ブライダルフェアや式場見学の予約ができる人気急上昇中の結婚式予約サイトです。

さらにウエディングデスク(店舗)を設けているため、気軽に結婚式についての相談や、式場の紹介(提案)をしてもらうことができます。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)は、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!式場は自分で探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/