結婚式に子連れを招待する際の4つの注意点とは?リアルな体験談公開中

結婚式に子連れ(赤ちゃん)を招待する際の式場の選び方のポイント
こんにちは。1児のママをしている管理人のユウです。

突然ですが、私たちの世代の中には、親族や友人に子どもができてママになった人も多いのではないでしょうか。

ママになった親族や友人を結婚式に招待する場合、子供を預けてきてくれたらいいのですが、預け先が見つからない場合は子供と一緒に参列する可能性もあります。

しかし、まだ子どもがいないカップル・ご夫婦は、

  • 「子連れにどんな配慮をすべきかわからない」
  • 「どんなことに注意したらいいのかわからない」

などと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「結婚式に子連れ(赤ちゃん)を招待する際の4つの注意点」をご紹介します。

結婚式に子連れ(赤ちゃん)を招待する際の4つの注意点

①式場が子連れに対応できるかを確認する

式場が子連れに対応できるかを確認する

最近では小さい子どもを連れたゲスト(参列者)のために、「ベビーチェア・ベビーベッド・子ども用の食器・おもちゃ・絵本」などのベビーグッズを用意してくれる式場も増えていますが、十分な授乳室やオムツ替えのスペースがないという会場もまれにあります。

さらに、式場によっては挙式の子供の入場が不可だったり、ベビーカー不可のところも。

なので、子連れのゲストを招待する場合は、結婚式場を決める際に「小さな子供に対応してもらえるか」を確認する必要があります。

そして、0才児はまだミルクや母乳を飲んでいるので、

  • 「ミルク用のお湯を用意してもらえるのか」
  • 「授乳室が会場の近くにあるのか」
  • 「別室を用意してもらえるのか」

などを確認してあげると喜ばれますよ。

1才頃になると離乳食をしっかり食べるようになるので、式場に「離乳食は持参できるのか」「乳児用のメニューはあるのか」を確認しましょう。

1才半頃には離乳食が終了して大人と同じものを食べられるようになるので、ファミリーレストランのお子様ランチのようなキッズメニューを提供してあげましょう。(取り分けでいいと言われる可能性もあるのでママに確認してから式場に依頼するのがおすすめ)

あとは、アレルギーを持っている子も少なくないので、確認してあげると親切です。

②退室しやすい席にする

退室しやすい席にする

「子供はミルクを飲んでお腹いっぱいになったらすぐに寝てくれる…」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、小さな子供や赤ちゃんは想像以上に泣いたり騒いだりします。

赤ちゃんは大きな音に驚いて泣いたり、1才を過ぎて歩けるようになると、その場でじっとすることができません。さらに、2才頃になると「魔のイヤイヤ期」が始まります。

なので、子どもが泣いたり騒いだりしたときにすぐにママが退室できるように、出入口付近の席にしてあげると親切ですね。

あとは、オムツ替えや授乳をする際にも退室する必要があるので、やはり出入口から近い席が喜ばれるでしょう。

③参列を断られる可能性がある

参列を断られる

小さな子供を持つ人の中には、「子どもが泣いたら大変だから…」と外食さえ控えている人もいます。

なので、

  • 「当日、子どもが騒いだら申し訳ないから」
  • 「子供を預けられないから」
  • 「家から遠くて式場に行くのが大変だから」

と、参列を断られる場合があるということを、頭に入れておきましょう。

ここで大事なのが執拗に出席をお願いしないことです。本当に遠慮している可能性もありますが、「子供を連れて一緒に行きたくない」という人もいるからです。

もし断られても「大事な式の雰囲気を壊したくない」という気持ちを快く受け入れて下さいね。

④ドタキャンされる可能性があることもある

ドタキャンされる可能性があることもある

ママは結婚式に出席したくても、子どもが風邪を引いて、急に出席できなくなる可能性があります。

子どもって本当に風邪を引きやすいんですよね。
うちの子も、保育園に通いだした頃は毎月のように高熱を出したり、感染症をもらってきたりしました。

式場にもよりますが、結婚式の1週間前になると、料理や引き出物のキャンセル料がかかってきます。

「子連れは急なキャンセルもあるかもしれない」ということを頭に入れておきましょう。

子連れに優しい結婚式場「アニヴェルセル」

子連れに優しい結婚式場「アニヴェルセル」

全国に14の式場がある「アニヴェルセル」は子連れに優しい式場なのでとてもおすすめです。

子供服やベビーグッズなどを手がける「ミキハウス」は、2012年から乳幼児連れの参列者への配慮がある結婚式場に対して、基準(50項目/40項目)を満たしている場合、「ウェルカムベビーの結婚式場」として認定する活動を行っています。

そして、「アニヴェルセル」はブライダル業界初の「全施設ウェルカムベビーの結婚式場」に認定されていて、パパママ婚や子連れゲストを応援する取り組みを積極的に行っています。

ウェルカムベビーの結婚式場

☆子連れのゲストに喜ばれるポイント☆

  • 授乳室・オムツ替えスペース完備
  • バリアフリーでベビーカーでの移動も安心
  • 挙式の様子が見れるベビールームが併設
  • ベビーシッターや経験豊富なスタッフがサポート
  • 子ども用おもちゃ・子ども用メニューあり
  • ベビーベッド・ベビーカーの貸出あり
  • 披露宴中でも遊べるキッズスペース完備
授乳室やおむつ替えスペースはもちろんのこと、チャペルにベビールームがあったり、披露宴会場にはキッズスペースもあるので安心ですね。
アニヴェルセルは、「フルコース試食会」や「ドレス試着会」などのブライダルフェアも充実しています。
お近くに式場がある方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。
アニヴェルセルを予約する:https://wedding.mynavi.jp

子連れに優しい式場を探すなら「ハナユメ」

子連れに優しい式場を探すならにおすすめな「ハナユメ」
自分たちでインターネットで子連れに優しい結婚式場探すのはとても大変なことです。
子連れのゲストがいるため式場選びを失敗しないためにも、アドバイスを受けながら決めたいですよね。

そこでおすすめなのが、式場を紹介してくれるハナユメです。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!式場は自分で探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「期間限定プラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/