【パパママ婚応援】子連れの結婚式を成功させる為の4つの方法とは?

【パパママ婚応援】子連れの結婚式を成功させるポイントとは?
こんにちは!1児のママであり、このサイトの管理人をしているユウと申します。マタニティウエディングを挙げた経験があり、授かり婚やパパママ婚を応援しています。

突然ですが、

  • 「妊娠と結婚が重なりタイミングを逃してしまったけれど結婚式を挙げたい」
  • 「でも赤ちゃん(乳幼児)がいて無事に挙げられるか不安…」

などと悩んではいませんか?

この記事では、結婚式に対して不安を感じているパパとママに「子連れの結婚式を成功させる為の4つの方法」をご紹介したいと思います。

年齢別の子供の特徴と結婚式場チェック項目

年齢別の子供の特徴とチェック項目
それでは、まず子どもの年齢別の特徴と、式場見学に行った際の式場チェック項目をご紹介します。

☆生後6ヵ月~1才☆

  • お座りやハイハイ(ズリバイ)の時期なので走り回る心配なし
  • ハーフバースデーや1才の誕生日に結婚式を挙げるカップルも
  • ベビーベッドの貸出がある式場を選ぶと安心
  • 授乳室やオムツ替えスペースがあるかチェックする

☆1才~2才☆

  • ほとんどの子が歩けるようになる時期
  • 自己主張をするようになるため飽きない工夫を(おもちゃ・キッズスペース・演出など)
  • ベビーカーの貸出がある式場を選ぶと安心
  • 授乳室やオムツ替えスペースがあるかチェックする
  • 1才半頃に幼児食になるのでキッズメニューを確認

☆2才~3才☆

  • 言葉を発しコミュニケーションがとれるようになる時期
  • イヤイヤ期なので飽きない工夫を(おもちゃ・キッズスペース・演出など)
  • ベビーカーの貸出がある式場を選ぶと安心
  • 授乳室やオムツ替えスペースがあるかチェックする
  • キッズメニューを確認する

ちなみに年齢別でいうと、子どもが生後6ヶ月~1才の時に結婚式を挙げている人が多いという結果が出ています。

子どもが何歳の時に結婚式を挙げましたか

引用:ハッピーノート ドッドコム

「子どもが動き回る前に結婚式を挙げたい」とか「入籍してから日にちが経たないうちに結婚式を挙げたい」と思うカップルが多いようです。

最近では、子供の「ハーフバースデー」や「1才の誕生日」に合わせて結婚式を挙げるパパとママが増えています。

パパママ婚応援!子連れの結婚式を成功させる為の4つの方法とは?

①子連れの結婚式は生後6ヵ月以降がおすすめ

子連れの結婚式は生後6ヵ月以降がおすすめ

生後1ヶ月間は赤ちゃんや産後のママは外出を控える時期であるため、赤ちゃんの睡眠のリズムが安定して首が据わる生後3ヵ月頃から準備を始めるのがおすすめです。

結婚式の準備は3ヵ月~半年前から始めるのが一般的なので、挙式日が生後6ヵ月以降になるようにすると無理なく準備をすすめていけますよ。

②哺乳瓶でミルクが飲めるようにしておく

哺乳瓶でミルクが飲めるようにしておく

母乳で育てている子は哺乳瓶でミルクを飲んでくれない子もいるので注意が必要です。

結婚式当日に家族やベビーシッターに預けられるように、日ごろから哺乳瓶でミルクを飲めるように練習しておきましょう。

あとは、ママのおっぱいが張ると痛みを感じたり、母乳が溢れ出てドレスを汚す可能性があるので、挙式と披露宴の間やお色直しでドレスを脱ぐときに搾乳をすると安心ですね。

「和装をしたい」と考えているママさんもいるかもしれませんが、着物はすぐに授乳をすることができないので授乳期は控えた方がいいかもしれません。

和装を希望しているカップルは、子供の卒乳後に結婚式を挙げることをおすすめします。

離乳食期の子どもは、食べ慣れているベビーフードがあると安心ですね。

③式の当日に子供を預ける人を明確にしておく

式の当日に子供を預ける人を明確にしておく

結婚式の主役である新郎新婦が、式の最中に子供の世話をすることはできません。

なので、式の当日に常に子供を見てくれる人を決めておきましょう。

この場合、両親や兄弟などの家族に任せることが多いと思いますが、式の最中に退出したり、ミルクや離乳食・おむつ替えなど家族にとって負担となってしまう可能性があります。

ベビーシッターが在籍・契約している式場もあるので、家族に預けるのが心配であれば、プロにお世話を頼むのも1つの方法です。

④ウェルカムベビーに認定されている結婚式場がおすすめ

ウェルカムベビーに認定されている結婚式場がおすすめ

子供服やベビーグッズなどを手がける「ミキハウス」は、2012年から乳幼児連れの参列者への配慮がある結婚式場に対して、基準(50項目/40項目)を満たしている場合、「ウェルカムベビーの結婚式場」として認定する活動を行っています。

ウェルカムベビーの主な認定項目はこちら。

  • おむつ・トイレ対応
  • 食事・水分補給
  • 授乳対応
  • お昼寝対応
  • 退屈・いたずら対策
  • 施設・設備
  • 危機管理対応
  • 託児対応
  • 接客・マネジメントなど
さらに、これらの項目から詳細項目が設定されていて、厳しい基準を満たした式場だけが「ウェルカムベビーの結婚式場」に認定されます。
どれも子供にとって大事なことなので、ウェルカムベビーに認定されている式場だと安心して結婚式を挙げられますね。

子連れに優しいおすすめな式場!アニヴェルセル

子連れに優しいおすすめな式場!アニヴェルセル

ミキハウスの「ウェルカムベビー」に認定されている結婚式場の中でも、パパママ婚に特におすすめなのが、全国に14施設ある「アニヴェルセル」です。

アニヴェルセルはブライダル業界初の全14施設がウェルカムベビーに認定されていて、子連れの結婚式を挙げるパパやママだけではなく、赤ちゃん連れ(乳幼児)のゲストに喜ばれるサービスが充実しています。

☆子連れに優しいポイント☆

【施設・設備】

  • 授乳室・オムツ替えスペース完備
  • 挙式の様子が見れるベビールームが併設
  • 披露宴中でも遊べるキッズスペース完備
  • 天候に左右されない「全天候型」の式場
  • ベビーカー・ベビーベッドの貸出あり
  • ガーデンやテラスなど開放的な空間あり
  • バリアフリーでベビーカーでの移動も安心

【準備・打ち合わせ】

  • 個室で打ち合わせ可能
  • 自宅でPCやスマホを使って打ち合わせが可能
  • 打ち合わせの休憩中はカフェドリンク&ジェラートが無料

【サービス】

  • ベビーシッターや経験豊富なスタッフがサポート
  • 子ども用おもちゃあり
  • 子ども用衣装あり
  • 子どもが喜ぶデザートビュッフェあり
  • 子ども用メニューあり
授乳室やオムツ替えスペースはもちろんのこと、マジックミラー越しに挙式の様子が見れるベビールームがあったり、披露宴中でも遊べるキッズスペースがあるので安心ですね。
打ち合わせは個室や自宅でできる嬉しいサービスも。
アニヴェルセルはパパママ婚に本当にオススメなので、ぜひ一度見学に行ってみてくださいね。
「フルコース試食会」や「ドレス試着会」のブライダルフェアもおすすめですよ。

アニヴェルセル式場一覧

アニヴェルセル式場一覧
関東 アニヴェルセル表参道・アニヴェルセル豊洲
アニヴェルセル東京ベイ・アニヴェルセル立川
アニヴェルセルヒルズ横浜・アニヴェルセルみなとみらい横浜
アニヴェルセル大宮・アニヴェルセル柏
甲信越
中部
近畿
アニヴェルセル長野・アニヴェルセル白壁
アニヴェルセル江坂・アニヴェルセル大阪
アニヴェルセル神戸
九州 アニヴェルセル福岡シェフガーデン

子連れに優しい式場探しは「ハナユメ」

式子連れに優しい式場探しは「ハナユメ」

ハナユメは、式場見学やブライダルフェアの予約ができる「結婚式情報サイト」です。

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、ギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

マイナビ限定特典も!割引プランが充実している「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!自分で式場を探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「子連れプラン」や「直前お得プラン」や「マイナビ限定特典」などが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングは、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、商品券がもらえるキャンペーンが実施中です。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)