【授かり婚体験談】両親への報告&挨拶~妊娠中の結婚式までの流れ

【授かり婚体験談】両親への報告&挨拶~妊娠中の結婚式までの流れ

いまでは「4組に1組が授かり婚」といわれている時代で、子どもを授かったことをきっかけに結婚するカップルも珍しくありません。

しかし、親世代にとっては入籍する前に子どもを授かったことをよく思わなかったり、結婚自体を反対される人もいます。

この記事では、授かり婚を経験した私たち夫婦の体験談をもとにして、両親への挨拶~結婚式までの流れをご紹介したいと思います。
少しでも不安を解消できたりお役に立てると幸いです。

【授かり婚体験談】両親への報告&挨拶~妊娠中の結婚式までの流れ

【授かり婚体験談】両親への報告&挨拶~妊娠中の結婚式までの流れ

【私たち夫婦の場合】

  1. 結婚の約束をする
  2. 妊娠判明
  3. 式場探し
  4. それぞれの両親への報告
  5. それぞれの両親への挨拶
  6. 両家の顔合わせ
  7. 結婚指輪の購入
  8. 結婚式

この間にも、「新居探し」「引越し」もしており、結婚式の後すぐに新婚旅行と入籍をしました。

結論から言うと、無事に入籍と結婚式を終えて元気な子どもを出産して、幸せな毎日を送っていますが、授かり婚は一般のカップルに比べて結婚準備が慌ただしく、越えなければならない壁が多いかもしれません。

これから、具体的な流れをご紹介していきますので、参考程度に見ていただけると幸いです…!

①妊娠発覚

妊娠発覚

私と彼(現在の夫)は、妊娠前から「○年○月頃に結婚しよう」「早く子どもが欲しいね」と話をしていたので、妊娠がわかると2人で喜び、すんなりと結婚の決断をしました。

②式場探し

式場探し

結婚を決めた私たちは、まず式場探しから始めました。

本来であれば両親への報告が先だと思いますが、

  • 流産をしやすい妊娠初期だったこと
  • 妊娠中に結婚式を挙げるなら早めに式場探しをしなければならなかったこと
  • プロ(プランナーさん)に結婚式についての相談をしたかったこと

などを考慮して、式場探しから始めました。

【式場に相談したこと】

  • 妊娠中か出産後のどちらで結婚式を挙げた方がいいか
  • 妊娠中に挙げるなら何ヶ月が最適かなど

全部で5つの式場に回り相談した結果、安定期の妊娠5ヶ月~7ヶ月に挙げるのが最適とのことだったので、妊娠5ヶ月の時に結婚式を挙げることに決めました。

(ちなみに式場は5つ目に見学した式場に決めました。)

妊娠中に式を挙げる「マタニティウエディング」か、出産してから挙げる「子連れウェディング」かで迷いましたが、「育児に追われて結局式を挙げない夫婦」が多いとのアドバイスを頂いて、私たちは妊娠中に結婚式を挙げることを決めました。

結婚式を挙げる時期の相談や悩みがあれば、結婚式場に行って相談するのが1番です。
ウェディングプランナーさんが、カップルごとの状況をヒヤリングした上でアドバイスをしてくれますよ。
最近では授かり婚も珍しくはないので、式場のプランナーさんも慣れているようで、嫌な顔をされた式場は1つもありませんでした。

③両親への報告

両親への報告

授かり婚のカップルにとって、両親への報告や挨拶は最大の難関かもしれません。

私(嫁)の両親は古風な考えを持っていて、彼と旅行に行くことも許してくれないほどの厳しい両親で、入籍前に子どもを授かった私としては1番高いハードルでした。

なので、少しでも話が円滑にすすむように以下のことを実践しました。

【妊娠を伝える時に実践したこと】

  • 妊娠を伝える数日前に婚約を伝えた
  • 妊娠していることを電話で伝えた(1人暮らしだった)
  • 順番が逆になってしまい申し訳ないと謝った

厳格な私(嫁)の両親には、妊娠を報告する前に電話で婚約したことを伝えました。

婚約したことを伝えると、結婚が近いことを薄々と感じていた両親は喜んで承諾してくれました。(結婚することに対しての反応を見たかったので、このときはまだ妊娠していることを告げていません)

数日後に再び電話をして「実はお腹の中に子どもがいる」と伝えると、父親は喜んでくれましたが、母親はショック受けたようで1時間ほど説教を受けました。

しかし、事前に婚約していることを伝えていたこともあってか、厳格な両親にしてはすんなりと受け入れてくれたように思います。

ちなみに夫の両親は、結婚と妊娠をとても喜んでくれたようです。

④両親への挨拶

両親への挨拶

お互いの両親への挨拶と結婚の許しを得るために、事前にお互いの親には以下のことを伝えておきました。

【挨拶の前に両家の両親に伝えたこと】

  • 妊娠する前に結婚の約束をしていたこと
  • 結婚式を挙げる意思があること
  • 結婚に関する費用についての心配はいらないこと
  • 新居の候補地など

結婚を伝えることだけではなく、お互いの両親を心配させないために具体的なビジョンを決めて挨拶に行きました。

事前に電話で、「新しい生活に向けて2人でしっかりと準備をしているので心配することはない」と伝えていたので、両家とも結婚を反対されることなく無事に挨拶が終わりました。

心配していた厳格な私(嫁)の両親の方ですが、「結婚と妊娠の順番が逆になってしまい申し訳ありませんでした」と夫が謝ると、「全然気にしないで~!」と言っていたので、ほっと胸をなでおろしました。やはり結婚についての具体的な話を事前に伝えていたのと、誠意を持った姿勢がよかったみたいです。

【もし結婚を反対されたら・親が興奮してしまったら】

結婚前に妊娠したことを伝えると、結婚や出産を反対されるなど、親が怒って話が進まないことがあります。

もし結婚を反対されたり怒らせてしまった場合は、その日は「また後日伺わせていただきたい」と伝えて帰りましょう。時間を置くことによって親の気持ちも変わり、結婚の話が円滑に進む可能性があります。

両親からの質問には「うまく答えられなかった」「何も言えなかった」といったことがないように、結婚について2人の中で具体的に決めておくことも大事です。

⑤両家の顔合わせ

両家の挨拶

両家の顔合わせは、それぞれの両親に事前に結婚についての具体的なことを伝えていたこともあり、楽しく円満に終えることができました。

両家とも結婚を喜んでくれただけではなく、「孫が生まれてくるのが楽しみ」と言っていたので安心しました。

⑥指輪購入

指輪購入

「指輪の購入は結婚式が終わってからゆっくり…」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式で「指輪交換」の演出をするために必要になります。

当日持ち帰られる指輪もありますが、在庫がなかったり、記念日やイニシャルを刻印する場合は、日にちが必要になるので早めに指輪を購入することをおすすめします。

⑦結婚式

結婚式

妊娠がわかってからわずか3ヶ月半で無事に結婚式を挙げることができました。

私が妊娠5ヶ月の時に挙げたのですが、安定期に入ってつわりが終了し、お腹も目立たなかったのでこの時期はおすすめです!

引越しや指輪購入もあったので本当に忙しかったのですが、出産して忙しい育児をしている今だから言えることは、「妊娠中に結婚式を済ませておいてよかった!」ということです。

さらに、結婚式を挙げたことで結婚した実感がわき、結婚式の準備を進めていく中で夫との絆も深まったように感じます。(結婚式を挙げたカップルは、結婚式をやっていないカップルに比べて離婚率が大幅に低いそうです)

【結婚式で心がけたこと・実践したこと】

  • 両親と夫の希望で妊娠していることは一部の人にしか伝えなかった
  • お腹が目立たないデザインのドレスを選んだ(ドレスコーディネーターさんがアドバイスをしてくれるのでご安心を!)
  • 結婚式の準備は夫が率先してくれた
  • 新婦の負担を考えて二次会はしなかった

仕事関係の方や親戚の方など、一部の人には妊娠していることを言わないことにしたので、お腹が目立たないデザインのドレスを選びました、(フワッとしたデザインのプリンセスタイプがおすすめです)

妊娠中のつわりや貧血を起こすことがあったため、結婚式の準備は夫が積極的にやってくれたのがとても助かりました。
妊娠中の結婚式は、旦那さんの協力が成功の秘訣です。

【まとめ】私が授かり婚をした結果

【まとめ】授かり婚をした結果

結論から言うと、無事に結婚式と出産を終えて、とても幸せな日々を送っています。

つい最近結婚前の妊娠が発覚して、これからご両親にご報告&ご挨拶に行かれる方は、憂うつな気持ちになっているかもしれませんが、2人で結婚についての具体的なことをよく話し合って、誠意を持ってご挨拶に行ってみて下さい。万が一、結婚を反対されたり怒られたとしても、きっと最終的には応援してくれると思います。

超厳格な私の実母ですら結婚を認めてくれて、家に遊びに来るたびに大量のおもちゃや洋服を毎回買ってくるほど孫を溺愛していますよ(笑)

たしかに越えなければならない壁が多い授かり婚ですが、結婚をして子どもを産むということは一般のカップルとなんら変わりはありません。

そして、子どもを授かり縁があるお2人は、きっと素敵な家族を築いていけるはずです。

このサイトをご覧になっているあなたが、無事に結婚&出産できることを心から願っております。

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」
お腹に子どもがいる状態での結婚式場探しはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、マタニティウエディングに不安がある人も安心して相談することができますよ。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

※半年以内に挙式することが条件なので、急いで式を挙げたい人におすすめです(^^)

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!割引プランが充実の「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!式場は自分で探したい派には「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「マタニティウエディングプラン」などの割引プランが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/