私たち夫婦は、妊娠5ヵ月のときに「親族・友人・会社関係の人」を50名ほど招待して結婚式を挙げました。

最初こそは「マタニティウエディング」に抵抗がありましたが、

今では、「結婚式を挙げるカップルの4組に1組は授かり婚」といわれていて、妊娠中に結婚式を挙げることは決して珍しいことではありません。

そして、いま振り返ると、結婚式の準備は大変でしたが
妊娠中に結婚式を挙げて本当によかった!」と思います。

この記事では、

  • 「マタニティウエディングのゲストの招待人数が決まらない」
  • 「親戚や親しい友人だけで結婚式を挙げるか検討している」

というカップル・ご夫婦に、「マタニティ婚・お急ぎ婚に少人数の結婚式がおすすめな6つの理由」を紹介したいと思います。

マタニティウエディングを挙げた3割のカップルが少人数の結婚式を選んでいる

かつて日本は「いかに豪華で派手な結婚式を挙げるか」が一種のステータスのような時代がありましたが、最近では「親族婚」「少人数ウエディング」という言葉が流行し、身内だけのアットホームな結婚式を挙げるカップル・夫婦が増えてきました。

そして、授かり婚やお急ぎ婚には、この少人数ウエディングがとてもおすすめなのです。

下記の図をご覧ください。

披露宴の平均招待人数

これは、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」と当サイトが行った調査を基にして作成した「披露宴の平均招待人数」をまとめたグラフです。

「マタニティウエディング」を挙げたカップルは、「全体平均」よりも招待者の人数が少ないという結果が出ています。

では、なぜ少人数のマタニティウエディングが人気なのでしょうか。

マタニティ婚・授かり婚に少人数の結婚式をおすすめする6つの理由

①招待者の人数が少なければ少ないほど準備が楽だから

人数が少なければ少ないほど結婚式の準備が楽

マタニティウエディングを挙げるカップルの中には、子どもを授かってから結婚式をやると決めたカップルも多いのではないでしょうか。

実際に50人規模の結婚式を挙げた私たちの経験からすると、「もっと招待者が少なければ準備が楽だっただろうな」と思います。

例えば…

  • 招待状の宛名書き
  • 招待状の発送
  • メニュー表の作成
  • 料理・引き出物・プチギフト決め
  • 席次決めなど

これらの項目は、招待人数が多ければ多いほど準備する手間も増えます。

また、会社の人や友人を招待する場合、気を使ったり配慮しなければならないこともありますが、親族や親しい人だけであれば、特別な演出をしなくても素敵な1日になるはずです。

さらに、会食や写真撮影だけの披露宴をする場合は、余興やプロフィールムービーの準備がいらないのもメリットです。

②準備期間が短くても負担が少ない

マタニティウエディングは準備期間が短いから

多くのカップルの場合、結婚式を挙げるためにかかる準備期間は1年~半年前と言われています。

しかし、授かり婚の場合、結婚式を挙げるのにおすすめな安定期(妊娠5~7ヵ月)の間に行うには、準備期間が1ヵ月~5ヵ月と半年をきってしまいます。

先ほどもご紹介したとおり、結婚式の準備はゲストの人数が多ければ多いほど大変になります。

短い準備期間で結婚式を挙げるためには、ゲストを少人数にすると楽になりますよ。

③式の途中で体調が悪くなる可能性もあるから

式の途中で体調が悪くなる可能性もあるから

多くの妊婦さんが「つわり」などの体調不良を経験します。

つわりは妊娠5ヵ月頃に落ち着くと言われていますが、「出産するまでつわりが続いた」という人もいらっしゃいます。

さらに、当日は重くて着慣れていないドレスは妊婦さんの負担となる場合もあるので、体調を崩して途中退席をする可能性も。

しかし、親族や親しい友人だけの結婚式だと新婦さんがリラックスでき、万が一体調を崩しても途中退席しやすいですよね。

少人数の結婚式は、妊婦である新婦の負担が少ないというメリットもあります。

④アットホームな結婚式を挙げられるから

アットホームな結婚式を挙げられる

結婚式は新郎と新婦が主役になりますが、

「人前に出るのが苦手」「あまり目立ちたくない」「すぐ緊張してしまう」

というカップルも多いのではないでしょうか。

少人数の結婚式は、和やかな雰囲気で結婚式を挙げられるというメリットがあります。

特別な演出をしなくても、写真を撮影したり、楽しく食事をするだけで素敵な1日になりますよ。

⑤日程調整がしやすいから

日程調整がしやすい

まず、結婚式の日どりを決めるときに、招待者の予定を確認する必要があります。

ほとんどの方がすぐに返事をくれたのですが、なかなか返信が来ない人もいて意外と大変でした…。

マタニティウエディングの場合、「急に結婚式を挙げることになった」というカップルも多いはず。

招待者の人数が多いと、どうしても都合が合わない人が出てきて日程の調整が大変になりますが、少人数だとスケジュールを確認する手間が減り、結婚式の日取りが決めやすくなります。

また、結婚式の費用が安く済む平日や、夕方や夜の時間帯に結婚式を挙げやすいといったメリットもあります。

⑥1人1人に合ったおもてなしができるから

1人1人に合ったおもてなしができる

私たち夫婦は50人規模の結婚式を挙げましたが、「人数が少なければもっと色々できたのにな」と後悔することもあります。

例えば、引き出物。

本来であれば、それぞれの好きなもの(お菓子・ベビーグッズ・ブランド物など)を選びたかったのですが、時間も限られていたので「親族や会社の人にはバスタオル」「友人には人気ブランドのタオル」など大まかな選び方しかできませんでした。

あとは、席次カードの裏に1人1人それぞれにメッセージを書きたかったのですが、準備に追われていたので友人にしか書けなかったという後悔もあります。

少人数ウエディングは、1人1人に合ったおもてなしができるところが魅力的です。

まとめ

マタニティ婚・授かり婚には少人数の結婚式がおすすめ

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べによると、披露宴の招待客の平均人数は「70.2人」です。

私たち夫婦は、平均よりも少ない50人規模のマタニティウエディングを挙げたのですが、

それでも「結婚式の準備は大変…」だと思いました。(手作りの物が多かったからかもしれませんが)

これからマタニティウエディングを挙げられる方は、少人数の結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。

このサイトを見ているカップルが、素敵な結婚式を挙げられることを心から願っております(^^)

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」
お腹に子どもがいる状態での結婚式場探しはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、マタニティウエディングに不安がある人も安心して相談することができますよ。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大30,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net

マイナビ限定特典も!割引プランが充実の「マイナビウエディング」

マイナビ限定特典も!割引プランが充実の「マイナビウエディング」

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

ハナユメよりも提携している式場が多く、「マタニティウエディングプラン」などの割引プランが充実しているのが特徴です。

そして、マイナビウエディングの最大の特徴は、式場見学・ブライダルフェアに参加すると、最大35,000円分の商品券がもらえるキャンペーンが実施されていることです。
式場見学に行けば行くほど商品券の金額がアップします♪
マイナビウエディングキャンペーンで商品券GET

マイナビウエディングは試食会などのブライダルフェアも充実していますよ。

提携している式場も多く、きっとあなたに合った式場が見つかるはずです(^^)

「マイナビウエディング」公式ページ:https://wedding.mynavi.jp/