私たち夫婦は、妊娠5ヵ月のときに「親族・友人・会社関係の人」を50名ほど招待して結婚式を挙げました。

最初こそは「マタニティウエディング」に抵抗がありましたが、

今では、「結婚式を挙げるカップルの4組に1組は授かり婚」といわれていて、妊娠中に結婚式を挙げることは決して珍しいことではありません。

そして、いま振り返ると、結婚式の準備は大変でしたが
妊娠中に結婚式を挙げて本当によかった!」と思っています。

この記事では、

  • 「妊娠していることがわかり結婚式をいつしようか悩んでいる」
  • 「結婚式を妊娠中か出産後のどちらにするか迷っている」

というカップル・ご夫婦に、私たちの体験談を交えて「結婚式を挙げるなら、妊娠中か出産後のどちらがおすすめか」をお伝えしたいと思います。

【妊娠中VS出産後】結婚式を挙げるカップルが多いのはどっち?

まずは、子どもを授かって結婚式を挙げたカップルの中で、妊娠中か出産後のどちらが多いのか見ていきましょう♪

下記の図をご覧下さい。

これは当サイトが「結婚式を妊娠中か出産後のどちらで挙げたか」というアンケート結果をまとめたグラフです。

結婚式を妊娠中か出産後のどちらで挙げたか

なんと、妊娠中に結婚式を挙げたカップルは「71%」と圧倒的に多く、産後に結婚式を挙げたカップルは、わずか「29%」しかいませんでした。

多くの先輩ママたちは、「妊娠中に結婚式を挙げる」という選択をしているという結果になりました。

引用:みんなのファミリーウエディング

さらに、みんなのファミリーウエディングが実施した「結婚式をいつあげましたか?(妊娠中)」というアンケート結果を見ると、「妊娠5ヵ月~7ヵ月」の間に結婚式を挙げてるカップルが多いのがわかります。

これは、妊娠5ヶ月を過ぎると「安定期」に入り、流産の確率がグッと減るためです。
そして、多くのママが「つわりが終わった」と感じるのがこの頃になります。(私も妊娠4ヵ月後半で落ち着きました)

ママとお腹の中にいる赤ちゃんが安定して、まだお腹が大きくなりすぎていない「妊娠5ヵ月~7ヵ月」に結婚式を挙げるのがおすすめです。

【妊娠中VS出産後】それぞれのメリットとデメリットを教えて!

【妊娠中VS出産後】それぞれのメリットとデメリットを教えて!
私たち夫婦は、妊娠中に結婚式をする「マタニティウエディング」を選びました。
実際に結婚式を挙げてみて感じたメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

妊娠中に結婚式を挙げるメリットとデメリットは?

【マタニティウエディングのメリット】

【マタニティウエディングのメリット】
  • 半年以内に挙式をすると大幅な割引が受けられる
  • 結婚式をすることによって親族への挨拶が1度で済む
  • 出産する前に夫婦の絆が深めることができる
  • 子どもが産まれてから結婚式をするよりも準備が楽

実際に私がマタニティウエディングを経験してみて感じたメリットはこの4つです。

いまでは「マタニティ婚・授かり婚大歓迎!」と掲げる式場は非常に多く、マタニティ特典や割引が受けられたり、半年以内に挙式をすると最大50%以上の割引が受けられるサービスやキャンペーンも増えています。

あとは、結婚式を挙げることによって、出産を迎える前に相手方の親族へご挨拶ができたことや、結婚式や準備によって夫婦の絆が深まったことが大きなメリットでした。

【マタニティウエディングのデメリット】

  • 準備期間が短い
  • 会場選び・結婚式準備期間のつわりが大変
  • 個人差があるが太ってしまう妊婦さんも

マタニティ婚の最大のデメリットは、「準備期間が短い」ことです。

多くの先輩ママ達がお腹が大きくなる前の「妊娠7ヵ月」までに結婚式を挙げているのですが、この場合、結婚式の準備期間が1ヵ月~5ヵ月と短くなります。

とはいえ、私たちも3ヵ月という短い準備期間で50名を招待した結婚式を挙げられたので、式を挙げるのは十分可能です!(この間にも物件探し・引越し・結婚指輪選びをしています)

あとは、つわりの時期に会場選びと準備をするのがママの負担になってしまう場合も。

この時期は旦那さん・ご家族・友人に思いっきり甘えてサポートしてもらいましょう。

他にも、劇的に太ってしまうママさんも中にはいらっしゃので注意が必要です(^^;)

ちなみに、ドレスが着れるか心配している人も多いかと思いますが、式場のドレスコーディネーターさんが
「式の当日が妊娠何ヶ月なのか」
「どれくらいお腹が大きくなるか」を計算してサイズを選んでくれました。
もし、予定よりもお腹が大きくなっても背中の紐である程度の調節が可能で、結婚式の前に必ずフィッティングをするので、ドレスのサイズを変更してもらうこともできました。

出産後に結婚式を挙げるメリットとデメリットは?

【パパ・ママ婚のメリット】

パパ・ママ婚のメリット
  • 子どもと一緒に結婚式が挙げられる
  • 子どもをお披露目することができる
  • 出産前より結婚式の日にちが選びやすい
  • 体型や体調を整えてから式を挙げることができる

マタニティウエディングは、結婚式が挙げられる時期が限られるので選べる日取りも少ないのですが、出産後であれば日にちを選びやすいといったメリットがあります。

あとは、体型や体調が整ってから式を挙げられるのもいいですね。(私の場合、産後の体重増加が止まりませんが…(泣))

そして何より、子どもと一緒に結婚式を挙げられるのが最大のメリットではないでしょうか。

【パパ・ママ婚のデメリット】

パパ・ママ婚のデメリット
  • 出産後の忙しさで結婚式を諦める夫婦も
  • 産後の抜け毛・産後太りで悩む人も少なくない
  • 授乳期間中のドレス着用は負担になる
  • 子どもを連れての式場との打ち合わせが大変
  • 参列者の負担になる場合もある
  • 「子どもが騒いで大変だった」と後悔する人もいる

私の場合、産後は毎日ごはんを2・3合食べていたので太りました(笑)

さらに、髪をとかすとブラシにゴッソリ髪の毛がつくなど、産後の抜け毛にも1年ほど悩まされました。

あとは、意外と大変だったのが「授乳期間中のバスト」。
たった数時間授乳しないだけで、母乳がたまって胸がパンパンに脹れあがり、耐えられないほどの激痛も何度も経験しています。
「この状態でドレスを着て締め付けられたら痛くてつらかっただろうな」と思います。

あとは、子どもがいることによるデメリットもたくさんあります(^^;)

例えば式場との打ち合わせ。

1日数時間拘束される打ち合わせは、平均して3~7回あります。

個室がある式場であればいいのですが、多くの場合、テーブルやイスが並べてある大部屋で、他のカップルがたくさんいる中で行います。

式の当日も、家族の誰かが子どもの面倒を見ることになるので、式に集中できず負担になってしまう場合も。子連れ婚は、子どもと結婚式を挙げられる素晴らしいメリットがありますが、デメリットも多いように感じます。

【妊娠中VS出産後】結婚式を挙げるならどちらがおすすめ?

実は、私たち夫婦は「結婚式をやるか・やらないか」を話したとき意見が分かれていました。

(嫁)
「結婚式はやらない」「するなら出産後がいい」
(夫)
「結婚式をしたい」「子どもがお腹にいるうちに済ませたい」

でも、実際に「マタニティウエディング」と「子育て」を経験してみて、

心の底から「妊娠中に結婚式を挙げてよかったーーー!!」と思います。(笑)

うちの子の場合ですが、生後2.3ヵ月頃から初めてのところに行くと泣く「場所見知り」や、知らない人を見ると泣く「人見知り」が激しかったので、

もし、「出産後に結婚式をする」という選択肢を選んでいたら式の準備や式は大変だっただろうなぁと思います。

あとは、哺乳瓶でミルクを飲んでくれない子だったので、うちの子のように完全母乳の子は、卒乳するまで結婚式を挙げるのは厳しいと思います。

さらに、私がかなりの面倒くさがり屋なので、出産後であれば結婚式を挙げていません(笑)
「出産後に和装して写真撮りたい~☆」
なんていっていましたが、それすらしていないので(笑)

でも、子どもと一緒に挙げられる結婚式もとても魅力的です。

パートナーやご家族とよく話し合い、結婚式を挙げるのに一番最適な時期を選んでくださいね♪

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」
お腹に子どもがいる状態での結婚式場探しはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、マタニティウエディングに不安がある人も安心して相談することができますよ。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

※半年以内に挙式することが条件なので、急いで式を挙げたい人におすすめです(^^)

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大33,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net