私たち夫婦は、妊娠5ヵ月のときに「親族・友人・会社関係の人」を50名ほど招待して結婚式を挙げました。

最初こそは「マタニティウエディング」に抵抗がありましたが、

今では、「結婚式を挙げるカップルの4組に1組は授かり婚」といわれていて、妊娠中に結婚式を挙げることは決して珍しいことではありません。

そして、いま振り返ると、結婚式の準備は大変でしたが
妊娠中に結婚式を挙げて本当によかった!」と思います。

この記事では、

  • 「妊娠してることがわかって結婚式を諦めようと思っている」
  • 「結婚式を妊娠中か出産後のどちらにするか迷っている」

とお悩みのカップル・ご夫婦に、私たちの体験談をお伝えしたいと思います。

妊娠中に結婚式を挙げた私たち夫婦の体験談

①妊娠発覚から「妊娠中に結婚式を挙げる」と決めるまで

妊娠発覚から「妊娠中に結婚式を挙げる」と決めるまで

妊娠前に婚約をしていた私たちですが、まだ両親への挨拶が済んでおらず、お互いまだ別々の家に住んでいました。

-そんな中の妊娠発覚。

これから両親の顔合わせや、物件探しも控えていたため、

  • 「結婚をやるのか」
  • 「もし結婚式を挙げるのであれば妊娠中か出産後か」

を話し合う必要がありました。

私(嫁)は、これから結婚準備で忙しくなるのと、出産を控えているので、

「結婚式はやりたくない」
「もし結婚式を挙げるなら出産後がいいかな」

という意見でしたが、夫の方はというと、

「結婚式をしたい」
「子どもがお腹にいるうちに済ませたい」

という考えでした。

たしかに、「出産後に結婚式をする」と言っていた私の友人も、結局やっていないので、やはり子連れの結婚式は大変なのだと思いました。

そして、「結婚式をしなかったカップルの離婚率は高いから」という理由で、私たち夫婦は「妊娠中に結婚式を挙げる」という選択をしました(笑)

②マタニティウエディングで結婚式を挙げるのに最適な時期とは?

マタニティウエディングで結婚式を挙げるのに最適な時期とは

結婚式を挙げることを決めた私たちは、早速、ブライダルフェアに参加しました。

そこで、マタニティウエディングに最適な時期を聞いたところ、どのプランナーさんも「つわりが終わり、体調も安定する妊娠中期(妊娠5ヵ月~7ヵ月)がおすすめです」と教えてくれました。

(妊娠8ヵ月以降になるとお腹が大きくなり、ドレスも重いので体へ負担がかかるので、あまりおすすめしないそうです。)

私たち夫婦はそれを聞いて、お腹が大きくなる前の妊娠5ヵ月で結婚式を挙げることを決めました。

③結婚式場を決めるまで

結婚式場を決めるまで

まず、ブライダルフェアに参加する前に、私たちは「準備期間が短いから結婚式場はすぐに決めよう!」と話していました。

しかし、自分たちの条件に合う式場がなかなか見つからず、結局、5つの会場のブライダルフェアに参加し、式場を決めるのに1ヵ月近くかかってしまいました。

そして、なかなか式場が決まらなかった理由がこちら。

  • 披露宴会場やチャペルに階段があり、そこから入場する演出があった
  • 会場が広すぎて移動が大変だった
  • 最寄り駅から遠かった
お腹が大きくなることを考えて、階段が多かったり広すぎる式場は避けました。
これからブライダルフェアや式場見学に行かれる方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです♪

④準備期間2ヵ月半で結婚式を挙げる

準備期間2ヵ月半で結婚式を挙げる

結婚式場が決まると、担当のプランナーさんが結婚式までにする具体的なことと、スケジュールを立ててくれました。

式場との打ち合わせ回数は、平均して3~7回くらいだそうです。

そして、具体的な打ち合わせ内容はこちらです。

  • 招待状・席次表・メニュー(デザイン・人数・発送時期)
  • 衣装決め(ドレス・タキシード・装飾品)
  • ヘアメイク・メイクの相談
  • 料理・引き出物・司会者・装飾のお花の相談
  • 当日の演出について
結婚式の準備と平行して物件探しや指輪購入にも行ったので、正直本当に忙しくて大変でしたが、経験豊富なプランナーさんのおかげで無事にこなすことができました。

この他にも、式の流れを確認するために前日にリハーサルも行いました。

妊娠中にブライダルフェアに行った体験談

妊娠中にブライダルフェアに行った感想

妊娠中にブライダルフェアに行った感想がこちらです。

  • 「お腹に子どもがいるから早く式を挙げたい」と言って嫌な顔をする式場は1つもなかった
  • むしろ、「授かり婚・マタニティ婚は多く、恥ずかしいことでない」と言ってくれた
  • 「マタニティ婚歓迎!」と掲載されていない式場でも、十分対応してくれる
  • 妊娠しているとドレスが着れるか不安だったが問題なし
  • 「挙式日は妊娠何ヶ月がいいか」私たちの希望をふまえた上でアドバイスしてくれた
最初は妊娠をしていることを伝えるのに抵抗があったのですが、どの会場もとても親身になって対応してくれて、「ブライダルフェア・式場見学に行ってよかった」と思ったのが素直な気持ちです。

心配していたドレスについてですが、背中に紐があるので調節ができるのと、ドレスコーディネーターさんが「挙式日にどのくらいお腹が大きくなるのか」を計算してサイズを選んでくれました。

さらに、結婚式の1週間前には最終チェックがあるので、そこでドレスのサイズを変更するなどの対応もしてくれます。

妊娠中に結婚式を挙げた体験談

妊娠中に結婚式を挙げた体験談

当日は、特に問題なく無事に結婚式を挙げることができました。

実は、この日まで妊娠していることを伝えていない人もいましたが、後日確認すると「お腹が出ていなかったから全く気づかなかった」と言っていました。

そして、当初は「結婚式はしたくない」と言っていた私ですが、友人の結婚式に参列して感動するたびに「結婚式をしておいてよかった」と思います。
さらに、「結婚式を挙げるなら出産後がいい」とダダをこねてもいましたが(笑)
実際に出産を迎えて、忙しい子育てを経験してみると、「妊娠中に結婚式を済ませておいて本当によかったーーー」と心の底から思います(笑)

ただ、お腹に子どもがいるので、ママに負担がかかるのも事実。

私たちの場合、妊娠中での結婚式を成功させることができましたが、ご夫婦やご家族とよく相談して決めてくださいね。

このサイトを見ているカップルが、素敵な結婚式を挙げられることを心から願っております(^^)

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」
お腹に子どもがいる状態での結婚式場探しはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、マタニティウエディングに不安がある人も安心して相談することができますよ。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

※半年以内に挙式することが条件なので、急いで式を挙げたい人におすすめです(^^)

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大33,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net