私たち夫婦は、妊娠5ヵ月のときに「親族・友人・会社関係の人」を50名ほど招待して結婚式を挙げました。

最初こそは「マタニティウエディング」に抵抗がありましたが、

今では、「結婚式を挙げるカップルの4組に1組は授かり婚」といわれていて、妊娠中に結婚式を挙げることは決して珍しいことではありません。

そして、いま振り返ると、結婚式の準備は大変でしたが
妊娠中に結婚式を挙げて本当によかった!」と思います。

この記事では、

「急いで結婚式を挙げたいんだけど準備が間に合うか不安」

「何から手をつけたらいいのかわからない」

というカップル・ご夫婦に、私たちの体験談を交えてお伝えしたいと思います。

マタニティウエディングを成功させるための流れとスケジュール例

マタニティウエディングを成功させるための流れとスケジュール例

私たち夫婦は、妊娠2ヵ月のときに3ヶ月後に結婚式をすることを決めました。

子どもがお腹にいるときの結婚式準備はとても大変でしたが、

結婚式を終えてみると「2~3ヵ月あれば準備できるんだな」と思いました。

そのときの具体的なスケジュールをご紹介します。

ちなみに妊娠中の結婚式は、安定期である妊娠5ヵ月~7ヶ月の間がおすすめです。(つわりが終わってお腹が目立たないのがこの頃です)
スケジュール 新郎&新婦がやること
3~2ヶ月前 結婚式場探し&決定・参列者リストアップ
2~1ヶ月前 招待状の発送・衣装選び(ドレス・タキシード)・料理・装花・演出・引き出物・プチギフト決め
2~1週間前 衣装合わせ・メイク・ヘアメイク最終確認・リハーサル
当日 挙式・披露宴・二次会
  • 「こんなにやることがあるんだぁ…」
  • 「何から手をつけたらいいのかわからない」
  • 「スケジュールどおりにできるか不安」

と不安に思われる人もいるかもしれませんが、みなさん結婚式は初めてなので、わからなくて当然ですよ♪

基本的に式場のプランナーさんに言われた通りに準備を進めていけば大丈夫です!

料理・演出・引き出物なども、打ち合わせの時に決まらなくても、資料をもらって家でじっくりと考えることもできました。

この他にも、「招待状・席次表・メニュー」などの作成と印刷や、プロフィールムービー制作などがありましたが、お金を出して式場に依頼することもできます!

短い準備期間で結婚式を挙げる場合は、こうした細かい作業をなくすと準備が楽になりますよ(^^)

家族・親族のみのファミリーウエディング(少人数ウエディング)がおすすめ!

家族・親族のみのファミリーウエディング(少人数ウエディング)がおすすめ

結婚式に招待する参列者(ゲスト)の人数が多ければ多いほど準備も大変になります。

そこで、「マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚」におすすめなのが、親族だけで行うファミリーウエディングや、家族やごく親しい知人だけで行う少人数ウエディングです!

少人数ウエディングは、親族の挨拶・食事・写真撮影をメインとすることが多いため、結婚式の準備が楽だったり、余興やプロフィールムービーなどの演出がなくても、十分素敵な式になるはずです。

もし、「友人を招待したい」というカップルは、親友を数人を招いたり、二次会をするのもおすすめですよ。

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」

マタニティ婚・授かり婚・お急ぎ婚におすすめな「ハナユメ」
お腹に子どもがいる状態での結婚式場探しはとても大変なことです。
できれば式場見学やブライダルフェアに行く会場の数や、式場について調べる時間を減らしたいですよね。

そこでおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)
さらに、ハナユメには、パパ・ママアドバイザーも在籍しているので、マタニティウエディングに不安がある人も安心して相談することができますよ。
ハナユメ割(Hanayume)

そしてハナユメの最大のメリットは、ハナユメ経由で式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」があることです!

※半年以内に挙式することが条件なので、急いで式を挙げたい人におすすめです(^^)

さらに、ハナユメから式場見学やブライダルフェアを申し込んで行くと、最大33,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

ぜひ、ハナユメウエディングデスクで相談して結婚式を成功させてくださいね。
「ハナユメ(Hanayume)」公式ページ:https://hana-yume.net