結婚式場の試食会でフルコース料理!?ブライダルフェアの料金・注意点・服装について

結婚式場の試食会でフルコース料理!?ブライダルフェアの料金・注意点・服装について

数多くあるブライダルフェアの中でも1番人気があるのが「試食会」です。

でも、初めて試食会に参加されるカップルは、

  • 「どんな服装をしていけばいいのか」
  • 「何をチェックしてきたらいいのか」わからないですよね。
ウエカメ夫
この記事では、初めて試食会に参加されるカップルに「試食会のチェックポイント・注意点・服装」をご紹介したいと思います。

1番人気!料理の試食フェアって何?

1番人気!料理の試食フェアって何?
ウエカメ夫

数多くあるブライダルフェアの中でダントツで人気なのが、「料理の試食フェア」です。私たち夫婦も参加しました。

「食事や料理にこだわりたい」「料理をゲストに楽しんでもらいたい」と思っているカップルに、ぜひ参加していただきたいブライダルフェアです。

無料でハーフサイズやワンプレートで試食できる式場もあれば、有料(500円~数千円)でフルコースを試食できる式場もあります。

結婚式場のおいしい料理を試食できるので、

  • 「式場も見学だけではなく、おいしい料理を食べられるのが嬉しい」
  • 「デートとしても楽しめる」

という声が多く聞かれる一方で、「ゲストに喜んでもらうために料理や飲み物にこだわるカップルが増えている」というのが、試食会が人気な理由でもあります。

料理や飲み物を重視するカップルが増えている

飲み物を重視するカップルが増えている

下記の図をご覧下さい。 これは、ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国)をもとに作成した「招待客1人あたりの料理+飲み物にかける平均金額」をまとめたグラフです。

招待客1人あたりの料理+飲み物にかける平均金額

引用:ゼクシィ結婚トレンド調査2017

招待客1人あたりの料理+飲み物代
2012年 17,600円
2013年 17,700円
2014年 17,700円
2015年 18,100円
2016年 18,300円
2017年 18,500円

統計を取り始めた2012年の1人あたりの平均金額は「17,600円」でしたが、2017年には「18,500円」と、料理や飲み物にかける費用は、ここ5年ほどで1人あたり千円近く上がっています。

最近の結婚式の傾向として、「ゲストに喜んでもらいたい」「楽しい時間を過ごしてもらいたい」と思うカップルが多く、それが料理や飲み物へのこだわりにつながっているようです。

ウエカメ夫

私たちも無料試食会に参加しましたが、資料で写真を見るのと実際に食べるのとでは、やはり印象が違いました。
料理を楽しみにしている参列者も多いので、試食会に参加して式場選びの参考にしてみてくださいね♪

試食会の4つのチェックポイント

試食会に行ったときにチェックしておくべきポイントを4つご紹介したいと思います。

①まずは基本!料理について

まずは基本!料理について

料理を楽しみにしている参列者(ゲスト)も多いので、喜んでもらえるために以下のことをチェックします。

料理のチェックポイント
  • 料理の味
  • ボリュームと見た目
  • 食器は汚れていないか
  • 料理や食器は温かいか
  • 高齢者でも食べられるメニューが用意できるか
  • お子様目メニューはあるか
  • 離乳食の持ち込みは可能か
  • 赤ちゃんにはミルク用のお湯を提供してもらえるか

料理はもちろんのこと、高齢者や子供用のメニューに対応しているかもチェックするといいですね。

②スタッフの対応について

スタッフの対応について

料理を配膳するスタッフの対応も重要なチェックポイントです。

式場スタッフのチェックポイント
  • 笑顔で対応してくれるか
  • 言葉遣いがきれいかなど
ウエカメ夫

私が試食会のブライダルフェアに参加した当時妻は妊娠していたのですが、スタッフの方がクッションやひざ掛けを持ってきてくれたり、食後にはノンカフェインのお茶を提供してくれました。
細かいところにも配慮が行き届いていてとても嬉しかったです。

あとは、試食をしている時に、料理長が挨拶に来てくださった式場もありました。

ゲストに喜んでもらうためには、おもてなしの心を持った式場を選ぶのも重要です。

③披露宴会場について

披露宴会場について

料理の試食会は、実際の披露宴会場で行われる場合が多いので、試食をしながらゲスト目線で披露宴会場をチェックすることができます。

披露宴会場のチェックポイント
  • 招待客の人数に適した広さか
  • 会場の近くにトイレがあるか
  • 映像を見るためのスクリーンは見やすいか
  • 席から新郎新婦の顔が見えるかなど
ウエカメ夫
披露宴会場を写真で見ただけの印象と、実際に席に座って料理を食べたときの印象はやはり違います。

実際にゲスト側の立場になって披露宴の雰囲気を感じれるのが、試食会のメリットと言えるでしょう。

④コース料理の種類を確認する

コース料理の種類を確認する

婚礼料理は「フランス料理」のイメージが強いかもしれませんが実はこれだけではないのです。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によると、

フランス料理 56.2%
折衷料理 24.3%
和食 5.8%
イタリア料理 3.8%
その他の西洋料理 2.5%
中華料理 1.2%

など婚礼料理にも色々なコースがあるんですね!

試食会のブライダルフェアに参加する前に、式場がどの料理を提供しているのかを確認しましょう。

ウエカメ夫

先日、仕事で中華料理を出している披露宴に行きました。

初めて見たので驚きましたが、ゲストが食べ慣れているフレンチ料理以外のコースを選ぶのも喜ばれるかもしれないですね!

試食会に参加する上での注意点は?

何も下調べせずに試食会のブライダルフェアに参加して「失敗した!」とならないように注意点をご紹介したいと思います。

予約必須!必ず事前予約を

予約必須!必ず事前予約を

試食会は、数多くあるブライダルフェアの中でも1番人気があるフェアです。

なので、急に行くと試食ができなかったり、式場見学さえ受付してもらえない可能性があるので事前予約が必須です。

特に、土日祝は混雑するので1週間前には予約しておくことをおすすめします!

無料と有料の試食会がある

無料と有料の試食会がある

結婚式場の試食会には「無料」と「有料」の2つのパターンがあります。

有料の試食会を実施している会場はあまり多くはありませんが、「無料のつもりで行ったら有料だった」ということがないように、予約時には確認が必要です。

有料の試食会を開催している式場はあまり多くはありませんが、フルコースを500円~数千円で試食することができます。通常の料金よりも半額程度で試食できるところが多いので、有料の試食会も人気があります。

式場を決めてから試食できるところもあるので、料理のメニューを決める前に1度でもいいので試食しておくと参考になりますよ。

試食会に参加するときの服装は?

試食会に参加するときの服装は

私たちがブライダルフェアに参加したときは、スニーカーを履いてきている人や、パーカーを着ている人もいたりと、カジュアルな服装をしている人もたくさんいらっしゃいました。

ただし、格式高いホテルの式場見学に行った際には、きっちりとした服装をしているカップルが多かったので、清潔感のあるコーディネートを心がけるといいと思います。

【コーディネート例】

男性 シャツ・長ズボン・ジャケット・革靴
女性 ワンピース・カーディガン・パンプス

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」

式場選び・ブライダルフェアの予約は「ハナユメ」

式場探しにおすすめなのが「ハナユメ」です。

ハナユメの特徴
  • ブライダルフェアの検索・予約ができる
  • 最大50%以上の割引が受けられるハナユメ割がお得
  • 店舗で結婚式についての相談ができる・式場を紹介してもらえる
  • 式場見学でギフト券がもらえる
ハナユメのウエディングデスク(店舗)に行くと、カウンセリングした上で希望する条件に合った結婚式場を、平均して7~9件ほど紹介(提案)してくれます。(その中から3件の会場見学に行くカップル・ご夫婦が多いそうです)

そしてハナユメから申し込んで式場見学に行くと、最大50%以上の割引が受けられる「ハナユメ割」や「ギフト券がもらえるキャンペーン」もやっています。

ハナユメは式場の紹介(提案)だけではなく、ブライダルフェアの予約代行をしてくれたり、「会場見学で見ておくべきポイント」や「見積もりの比較」などのアドバイスももらえるので、利用して損はないサイトです。

マイナビ限定特典も!プランが充実のマイナビウエディング

マイナビ限定特典も!プランが充実のマイナビウエディング

マイナビウエディングは、式場検索やブライダルフェアの予約をすることができる「結婚式情報サイト」です。

マイナビウエディングの特徴
  • ブライダルフェアの検索・予約ができる
  • 期間限定プラン・直前お得プラン・マイナビ限定特典など割引プランが充実
  • 式場見学でギフト券がもらえる

マイナビウエディングはハナユメよりも提携している式場が多く、割引プランが充実しているのが特徴。式場見学やブライダルフェアに参加するとギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!